ミカンゼリーの分かち合い

3年生3学期 給食の時間のエピソード   給食のデザートは、ミカンゼリー お休みの子の分があまっていた   クラスのルールは ご馳走さまの10分前に 食べ終わった子でジャンケンをする   ミカンゼリーを巡って興奮する子ども達   すると、1人の女の子が言いに来た 「私達みんな一個食べたから、英語の先生に一つあげたいの」   今日はたまたま、お弁当持 […]

天才のたねがニョッキニョキ

「ぼくには何もいいところがない」 そう思い込んでいた 自己肯定感の低い男の子   自分のよさが分からない 自分が好きだと思えない そんな男の子をじっと見ていると、 泣いていたり、何か出来なくて困っている 友だちの近くにいることがよくあった   日本語が話せない外国籍の男の子H君が転校してきた時も、 ジェスチャーを使いながら最初に遊びに誘っていたのは彼だった 「日本語が分からない […]

ふわふわでぽかぽか

「飛び出し君」が転校してきたことで わちゃわちゃが勃発する日々 その中で智恵を絞り 手立てを考え 身につけたことが 子どもの声を「聴いてみる」 子どもが「やってみる」のを「見守ってみる」   すると感じられるようになった 子ども心の優しさと思いやり これは 3年生3学期の最初の頃のお話し   学級委員さんを決めた   選ばれた二人は 学級委員さんが初めてで 笑顔満点の […]

1つの勇気

今回は、「飛び出し君(T君)」の対応で懸命だった私に 「先生、T君にチクチク言葉を言われて心は傷つかないの?だいじょうぶ?」 と気にかけてくれたY君のお話   Y君は、係を決めるときに 悩んで決められない男の子 悩んで、悩んで選べない   保育園から一緒の友達は 「いつものことだよ」 と言っていた   何とか決めた係なのに 「やっぱり変える」 と言って、次に選んだのは […]

「飛び出し君」の春風~安心する居場所~

今回は、 一週間に2時間、教室に居るか居られないかが分からない 暴れたり暴言を吐いたりして教室から飛び出していく 「飛び出し君」に安心する居場所ができたお話しです。   「飛び出し君」と初めて出逢ったのは、 転校してくる2週間前のこと お母さんに連れられてきた「飛び出し君」は、 校長室のソファーの上にあぐらをかいて座っていました。 そして、わたしをにらみつけると、 「大人なんか信じるもん […]

頭からけむりもくもく

3年生2学期 算数の授業中でのエピソード 分数の引き算で 私の「なぜかな~」の問いに 子ども達が頭から、けむりが出そうなくらい考え始めた。 それでも納得した考え方に辿りつかないから   「そろそろ先生登場かな?」 と、言った瞬間   「先生、答えを言っちゃダメ!」 「ダメだよ、僕たち考えたいんだ」 「先生は教えちゃダメ」 と、子ども達が口々に私に待ったをかけたのだ。 &nbsp […]

ナミダの居場所

ナミダの役割に気づかせてくれたのは 私が小学校の先生をしていた時 担任をしていたクラスにいた 10歳の女の子まゆさんだった   何でも良くできる姉がいて、 いつも比べられて育った彼女は 10歳にして眉間にシワを寄せては 〇〇君が言う事を聞いて「くれない」 〇〇ちゃんがやって「くれない」と いつも、いつも訴えに来る子だった   内心私は彼女の事を 「くれない星人」と名付け、 まゆ […]

心が繋がっているから~幸せにと想う~

3年生で学級崩壊となったクラスを 4年生で引き継いだ4月の出逢い   私と視線の合わない子ども達ばかりのいる教室は ヒヤリとした冷たい雰囲気が漂っていた   「面倒くさいし、やりたくないし、出来ないし」 を、子ども達から山のようによく聞いた   2日目給食の準備の時、 男子が廊下で野球をしている   少なくとも3年間は同じ場所で、 一緒に過ごしているはずなの […]

みんなにあるよ、天才のたね~無限の広がり~

「先生、私の息子、アスペルガーです。」 初めて出逢った時に、お母さんは私を真っ直ぐ見てそう言った。   「小さな時に、周りの子の様子と何か違うと思い 相談しにいったら、アスペルガーだと分かりました。 だから、他の子と違う行動をとるかもしれませんが 先生よろしくお願いします。」 言葉を飾ることなく、私の目を見て真っ直ぐに話すお母さんの姿勢に私は感銘を受けた。   一緒に過ごしてみ […]

ペンギン物語の裏話~子ども達との共同創造~

当時、小学校の教員だった私が、 車中、音楽を聴いていたら、 お話しのイメージが降りてきて、 試行錯誤の教員人生と重ね合わせながら、 書いた物語が「ペンギン物語」です。 3学期の終業式を目前に控えていました。 それは、つまり子ども達との お別れの日が近づいてきているということでもありました。 翌日、勤務先の学校で、 以前担任をしていた その頃は5年生の教室に行き、 イラストを得意とするRさんに、 「 […]

無限の可能性の中の幸せの紡ぎ方

無限の可能性は、点と点、瞬間瞬間の紡ぎ方しだい。 私が小学校の先生をしているとき、 学級崩壊したクラスを引き継いで 担当したことがあります。 そこで知り合った子どもたちは、 「やりたくない」 「めんどくさい」 「できないし」 が口癖でした。 でも、その奥に、 本当は、 「やりたい」 「チャレンジしたい」 「諦めない」 という純粋な思いが眠っていることを、 私は感じていました。 純粋な子ども心が、 […]

自己肯定感と希望

「叶う夢だから心に宿る」を伝えてみえる、 とし先生との出逢いは、今から約2年前… ある講演会の会場でお隣の席になった時。 とし先生の後ろに、 ずらりと名刺をもった方々が20人ぐらい並び、 「きっと著名な方なんだろうなぁ〜」 と思ったのが最初の出逢いでした。 そんなとし先生が、 お昼になると、自ら近くに座った方々を誘い、 一緒にランチに行った時… 「僕の夢はね、国語、算数、宝地図を 教育 […]

幸せになるGIFT

一見、「ネガティブな行動や感情」だと 思えるものの中から宝物が見つかることがある   先日、戸隠奥社へ早朝参拝に行った 朝の3時半頃 夜明け前の闇の中 約2㎞の参道を 足元を一歩一歩確かめながら歩く   奥社に着いた頃 朝日が昇り, 視界が広がった   帰り道の参道は 力強く立つ木々 清らかな水の流れ らせんを描くようにそよぐ風 命の息吹を奏でる野花や若葉 光の中で […]

プラスのスパイラル

やる気が全くない子 前担任からの引き継ぎに、 そう書かれていた彼と 4年生の時に出逢った   真夏の動物園の白クマの様に 机にグダっと寝そべり、 授業中、全くえんぴつを持たない 「えんぴつ持たない君」だった   叱っても、なだめても、褒めても 全く無反応 様々な手立てを試しては その無反応にメゲて いやいやまだまだと気をとりなおし また試しても無反応   ノートに赤ペ […]

幸せにと想う~LGBTの女性教員のお話し~

LGBTの女性のFB投稿記事を読んで ある先生のエピソードを思い出した。   夜遅く、その方と2人きりになった職員室で 「私、女の人が好きなんです」と、打ち明けられた。 「そうなんだね、女の人が好きなんだね」と言ったら、 「誰かにずっと話したかった」 そう言って、彼女は泣いた。ずっと泣いた。 泣き止んだ後に、 「誰にも言わないで下さい。 他の先生から、どんな風に思われるか怖いんです」と、 […]

愛おしさの扉

何気ない日常 足もとに咲くタンポポ 旅先で見たりんごの木 一面に広がる菜の花畑   その中で静かに生きる みつばちさん達の命 受粉を通して 人や生き物に食べ物を届けてくれる 木々や植物の命を次に繋いでくれる 大いなる自然の命の循環の要の役目   刺すから怖いと避けていた みつばちさんの 日々の営みに触れてからは みつばちさんを見かけると あぁ、みつばちさんが生きている 今日も生 […]

幸せのたね

幸せのたねは 全ての人のココロの中に 子ども達にとって、家庭は1つの世界 世界中の子ども達の1つ1つの小さな世界が どうかどうか安心な場でありますように 世界中のひとりひとりの子ども達が どうかどうか幸せでありますように そんな世界を創れますように   Photo by Emmy

星のカケラという名前~父と対話ができたこと~

大自然と神秘な場所へ、 ユニークな仲間達との旅で、 感じて気づいたこと。   私の名前、あやおは「文尾」と書く。 男と間違われることがしょっちゅうあるこの名前… 特にこの名前に使われている「尾」が、実はずっと嫌だった。   小学生の頃、絵画コンクールで受賞した時に、 校長先生に全校生徒の前で、「ふみお君」と呼ばれたことがあった。 前に出て行かなかったら、 「ふみお君、ふみお君、 […]

山川亜希子さまのお話し会

春の良き日に、数々の世界の名著の翻訳を手がけ、 日本の精神世界を牽引される山川亜希子さまのお話し会を愛知県で開催しました。 伊勢にあるヴィーガン・カフェsimmeのマリナさんとの共同開催です。 このお話し会は、昨年の夏、野崎友璃香さん主催のハワイのドルフィンリトリートで 山川亜希子さまに出逢えて嬉しかったマリナさんが 「亜希子さまに、simmeの料理を食べていただきたい。」 と小さくつぶやき、それ […]