わたしの心を支えた言葉

今回は、わたしの心の支えになった

「言葉」のお話しです。

 

わたしは大学を卒業した後、

92年の入国管理法の改正により

中南米から日本に働きにくるようになった

外国人労働者の方々の生活・職業・労働相談に

ポルトガル語通訳として長年携わっていました。

 

その後、小学校の先生になろうと決意したのは、

日本語の語学指導員として1年3ヶ月、

公立の小中学校8校を巡回指導した時、

20人の外国籍の子ども達に

出逢ったことがきっかけです。

言葉が分からない

自信がない

教室の中で笑うことができない

そして、

学校を辞めていく子どももいました。

そんな子ども達に出逢って

わたしは37歳の時に

「先生になる」と決めたのです。

 

慣れ親しんだ通訳の仕事を辞めて

新しい仕事を始める不安で

「先生になる」と決めるまで

3日間眠れませんでした。

そんな自分を励ますために

書き始めた1冊のノート。

このノートには、

当時のわたしの心を支えた言葉が

書き綴られています。

 

ノートの1ページ目には、

深い思考と穏やかな心を身につけるために

2005年3月7日

 

次のページには、

不安でいっぱいの自分自身を奮い立たせるように

「意志のあるところに道があることを、わたしは知っている」

と書いています。

 

新しい仕事は、公立の小学校内に開設した

外国人児童のための日本語教室の先生兼通訳でした。

最初は日本語指導に必要な資料や教材がほとんどなく、

目の前の子ども達に必要な資料や教材集めからのスタートでした。

その時のわたしを支えたの言葉

「最も困難な仕事は、

一回きりの爆発的なエネルギーの発散や努力によってではなく、

最善を尽くして、日々努力し続けることによって達成できる」

~この世で一番の奇跡 オグ・マンティーノ~

 

当時、「雇用の調整弁」と言われた製造業に従事する

外国人労働者の家庭ではさまざまな問題が噴出し、

その問題のしわ寄せが子ども達にいっていました。

胸がかきむしられるような出来事にも直面し、

自分の力のなさを痛感する日々でした。

その時のわたしを支えたの言葉

「私が苦しみのあるところに愛を

いさかいのあるところに許しを

分裂のあるところの一致を

絶望のあるところに希望を

闇に光を

悲しみのあるところに

喜びをもたらす者となりますように。

慰められるよりも慰めることを

理解されるよりも理解することを

愛されるよりも愛することを

わたしが求めますように」

~「いい人」がきっと幸せになる7つの法則

ハビエル・ガラルダ~

 

日本語教室の先生を始めて1年目の秋

ずっと親と離れて暮らしていた子どもが

ペルーから転校してきました。

4年生の男の子と6年生の女の子でした。

4年生の男の子も6年生も女の子も、

日本語教室で日本語を学びながら、

通常学級でも学びました。

6年生の女の子が卒業をし、

中学校に通って3週間ほどたったころ

お母さんから娘が中学校へ行けなくなったとの相談を受けました。

ペルーでは進学校に通い、とても学ぶ意欲のある子どもでした。

久しぶりに再会した女の子の表情は、

笑顔が消えてまるで別人のようでした。

わたしは、相談を受けたその足で校長室に行き、

校長先生にお願いをして

中学校が始まる前の朝6時半から7時15分まで

小学校で日本語教室をする許可をもらいました。

朝5時に家を出て、朝6時に学校に到着し、

準備をして、朝6時半から日本語の授業をしました。

彼女は1回も休まずに日本語教室に現れ、

そして、中学校には行けませんでした。

1ヶ月ほど経てわたしは中学校に呼び出され、

その親子と中学校の話し合いに参加すると

中学校側の言い分は彼女のために

日本語を教える先生を配置したのに

中学校にこない女の子は自分勝手だという話でした。

中学校側が配置した日本語担当の先生は、

わたしからみると、

生徒に「不適応」な先生で

担任も教科も配置できないから

日本語教室に配置された先生でした。

わたしは、

「ずっと離れて暮らしていた親子がやっと

一緒に住めるようになったんです。

学ぶ意欲もあります。

中学校の日本語教室の体制を改善して下さい」

と中学校の校長に訴えました。

すると、「外国人に肩入れしすぎている」と言われ、

体制はそのままで、

その家族は中学校に通えない娘のために

ペルー人のための学校がある別の市へ転校していきました。

 

日本語教室の講師の立場だと何の意見も通らない…

再び自分の力不足を痛感し、その年教員採用試験を受けて

正規採用の教師になりました。

その時のわたしを支えた言葉

「変えられることを変える勇気を

変えることのできないものを受け入れる平静な心を

そして、それらを見分ける知恵を与えたまえ」

~平静の祈り ラインボルト・ニーバー~

 

幸いにも日本語教室を開設した学校に

新規採用としてそのまま勤務し

たくさんの子ども達に出逢い

何人かの心から尊敬する先生達とも出逢い

大切なことを1つ1つ学びました。

 

2校目の学校は

困窮家庭に生きる子ども達や

外国籍の子ども達が多い学校でした。

そこで、学級崩壊をしたクラスを

担当することになりました。

子ども達や保護者達の

目には見えない心の闇に向き合い、

課題に1つ1つ取り組んでいくと、

子ども達が再生し、変化し、成長していきました。

翌年、子ども達が再生した際に有効だった手立てを

自己肯定感を高める教育実践の取り組みとして

学校全体に共有化しようとしました。

すると、思いがけず同僚の先生達から

批判や非難を受けることになったのです。

不安感の中に生きる子ども達と教師が

先ず最初に温かな関係性を築くために

子ども達の存在価値、

ありのままを認めるという

存在承認の考え方・やり方は、

アメとムチ系賞罰指導で子ども達をコントロールする

先生方の考え方・やり方と違っていたのです。

わたしにとっては、

必要なことは学んで、必要であれば

目の前の子ども達の実態に適したやり方に変えることは

シンプルに「やること」だったのですが

わたしを非難した先生にとっては、

それまでと違うやり方に変えるということは

それまでの自分を否定する「敗北」のような反応でした。

「温かな関係性を築く」実践の導入が暗礁に乗り上げ、

くじけそうになりました。

その時のわたしの心を支えたのは、

マザーテレサの言葉です。

Do It Anyway.

People are often unreasonable, irrational, and self-centered.

Forgive them anyway.

If you are kind, people may accuse you of selfish, ulterior motives.

Be kind anyway.

If you are successful, you will win some unfaithful friends and some genuine enemies.

Succeed anyway.

If you are honest and sincere people may deceive you.

Be honest and sincere anyway.

What you spend years creating, others could destroy overnight.

Create anyway.

If you find serenity and happiness, some may be jealous.

Be happy anyway.

The good you do today, will often be forgotten.

Do good anyway.

Give the best you have, and it will never be enough.

Give your best anyway.

In the final analysis, it is between you and God.

It was never between you and them anyway.

 

学校の帰り道は大抵いつも夜でした。

階段を降りて、駐車場に行く道すがら

星空を見上げては、

「Give the best you have, and it will never be enough.

Give your best anyway.

あなたの中の最良のものを、この世界に与えなさい

たとえそれが十分でなくても」

繰り返し、繰り返し自分に言い聞かせました。

そして、

もし教師をしていた父が今も生きていたら

きっと今のわたしの姿を喜んでくれるだろう

未来のわたしも、今のわたしの姿を喜んでくれるだろう

そう思える選択をわたしはするんだ

「温かな関係性を築く」実践を

学校全体に共有化することは

今、目の前にいる子ども達に必要なことなんだと

勇気を出したのです。

そして、導入しやり抜きました。

 

小さなことから1つひとつ

今できることから1つひとつ

メゲたり落ち込んだり、

泣いたり笑ったりしながらも

ずっと取り組むわたしに、

子ども達は「小さな声」を届けてくれました。

優しさと思いやりで応えてくれました。

 

わたしの心を支える言葉に出逢って、

わたしの心の中に、

今でも星のカケラのように輝く

子ども達とのお話しが生まれたのです…

関連記事

父が遺した希望

「小さな声」に耳を澄ませて

 

わたしの心を支えた言葉」への1件のフィードバック

  1. はじめまして。読ませて頂き、志しのある方が、まだ先生の中にいるのかと感心しました。うちは障害があり、特別支援学校に行ってますが、とても閉鎖社会で、これで社会に出て行ったら潰れてしまうと想い、もっと世の中は広くていろんな世界があり考え方があることを伝えたくて、学校に交渉しています。
    全く受け入れてもらえません。周りの先生方は協力的な方もみえますが、なにせ何をやるにもトップの承諾が必要で話し合っても、自分の身分を守るのがみえます。子供達の将来など考えてないのでは!私はどの子もダイヤモンドに見えますただ原石なので磨いてあげなければいけません。まず磨き方を知らないのに本人に任せては、ただの石ころになってしまいます。もっと選択肢を増やしてあげたい!
    まだこれからも学校とのやり取りは諦めません。
    素敵な文を読ませて頂き有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です