ナミダの居場所

ナミダの役割に気づかせてくれたのは

私が小学校の先生をしていた時

担任をしていたクラスにいた

10歳の女の子まゆさんだった

 

何でも良くできる姉がいて、

いつも比べられて育った彼女は

10歳にして眉間にシワを寄せては

〇〇君が言う事を聞いて「くれない」

〇〇ちゃんがやって「くれない」と

いつも、いつも訴えに来る子だった

 

内心私は彼女の事を

「くれない星人」と名付け、

まゆさんが話にくる度に

「~してくれない」という訴えの裏にある

「認めてほしい、誉めてほしい」という

切なる願いを感じながら接していた

 

ある日、彼女が再び

「ゆう君が掃除をちゃんとして『くれない』」

と、言いに来た

そこで、ゆう君を呼んで

「どうなの?」

と聞いてみた。

すると、外国籍のゆう君が

怒ったようにこう言った

 

「あいつはぼくが話すと、日本語をバカにして笑うんだ。

あいつの言う事なんか、聞いてやるもんか。」

 

そこで、

まゆさんを呼んで聞いてみた

 

「ゆう君はこう言っているよ。あなたはどうなの?」

 

すると彼女が、「わーーー」

と泣きだしたのだ。

いつも私に良いところを見せようとする

「くれない星人」のことだから

私に指摘された事がキツくて

泣いているのかと思った

 

そのままずっと泣きやまないので、

彼女にイスをもってきて

肩が触れ合う位の場所に座ってもらい

泣き止むまでジーッと待った。

5分経ち、10分経ち、15分経ち

やっと泣き止んだ彼女に聞いた

 

「ナミダが出ちゃったのはどうして?」

 

その質問に彼女は首を横に振った

そこで私は彼女の両手をとり、

目をじっと見つめてゆっくり言った

 

「もし分かったら教えてね。

あなたの気持ちが気になるから」と

 

翌日の朝、彼女はおずおずと

1冊のノートをもってきた

 

それを開くと1ページにわたって

びっしりと彼女の想いが書いてあった

 

私はゆう君との事に対する言い訳が

書かれていると思っていたから

彼女が書いてきた内容に驚いた

 

「私が泣いていた時に、ただただ黙ってそばで見守ってくれた。

そんな事は初めてだったから、その温かさが嬉しくて

ナミダが止まらなく流れてきた」と

 

そして、その日から彼女は変わった

 

「くれない星人」を卒業し、笑顔が増え

眉間のしわがなくなり、

「ゆう君がこんな事できるんだよ」

と、友達の「よさ」を見つけ始めたのだ

そして、同じ様に自分の「よさ」を見つけ始め、

同時に苦手な事は、苦手だと認めるようになったのだ

 

私は、彼女との出来事から

ナミダの役割を学んだ

 

温もりの中で、ナミダを流すと

心のゴミが一緒に流れて

それまで映らなかった事が

心の眼に映るようになり

感じられなかった喜びが

感じられるようになるのだと

そんな浄化のナミダがあるのだと

 

その後も彼女の様に

突然、「わーー」と泣いて

その後、

きらきらときらめくように変化する子ども達に出逢い

ナミダの役割は確信となった

「温もりの中で流すナミダは命を輝かす」と

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です