みんなにあるよ、天才のたね~無限の広がり~

「先生、私の息子、アスペルガーです。」

初めて出逢った時に、お母さんは私を真っ直ぐ見てそう言った。

 

「小さな時に、周りの子の様子と何か違うと思い

相談しにいったら、アスペルガーだと分かりました。

だから、他の子と違う行動をとるかもしれませんが

先生よろしくお願いします。」

言葉を飾ることなく、私の目を見て真っ直ぐに話すお母さんの姿勢に私は感銘を受けた。

 

一緒に過ごしてみると、

その男の子は、優しい心と透明な感性をもっていて、

私は、その男の子からの話を聴きながら、

優しさと感性のきらめきに触れることがとても好きだった。

 

その出逢いから4年後…

「息子に会ってほしい」とお母さんから手紙が届いたので、自宅にお招きした。

中学生になった彼は、私よりも背が高くなって、初めての家に慣れず、緊張している様子だった。

 

「学校はどう」と聞いてみると、彼は

「勉強がすきっと言っても、大丈夫な学校だった」

と言い、最近驚いたという数学の解き方について解説してくれた。

 

彼の話を聴く中で、ふと、彼の感性を通すと未来の社会の姿はどう見えるのか興味がわいた。

彼はこう答えた。

「僕はね、個人の意見が尊重される社会になると思う。

今、ここでしゃべっていても社会は何も変わらないけど、

その考えをみんなで共有して、現実化するシステムができたらいいと思う。

人は様々な考え方があるから、

地球に生きている人達全てのアイデアがつまった世界ができて、

もっとちがったカタチになっていく。

人間は地球を世界と捉えているけど、宇宙の果てが世界だと思えばもっと想像力がふくらむはず。

人間は、自分達の認知している範囲しか理解していないけど、

宇宙の果てには何かあるのか、地球の中にまだ発見されていないものはないのか、

疑い続ける事によって、人間は進化していく。そこには終わりはなく、無限の広がりがある」

夢中になって話す彼の話を聴きながら、鳥肌が立ち

「天才だね~」と彼に向かって伝えた時に、

彼は、じっと私の目を見てこう言った。

 

「先生は僕だけを特別視しなかった。みんな一人一人に、天才のたねがあるって特別に思っていたでしょ」

 

4年の歳月を経て、私が大切にしていたことを、彼が覚えていてくれたのが嬉しくてナミダが出た。

その後、彼のお母さんから卒業文集に何人もの子ども達が、3年生や4年生で担任した私の言葉を

「小学校の思い出」として書いていたと伝えてくれた。

担任をしていた頃、子ども達のよさや才能、強みのたね

つまりはその子固有の感性のきらめきを感じた時に

「天才のたね、見~つけた!」と、それはそれは大喜びしながら言っていた。

だから子ども達が書いてくれたのは、毎日のように言っていたこの言葉だと思う。

 

「みんなの中に必ず1つはあるよ、天才のたね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です