子ども達との小さなお話し

Mちゃんの笑顔

「子どもの世話はできません。あの子は全部、自分でできますから」

家庭訪問で初めて出会ったMちゃんのお母さんはそう言った。

小学校4年生を担任していた4月の終わりの頃だった。

それから半年後の10月…

いつもより元気のない様子に「どうしたの」と聞いたら、

「先生、母さんが今度の学習発表会は仕事で来られないって言った」

と、Mちゃんがそう応えた。

「先生から、お母さんに頼んでみようか」

「ううん、いい。母さんが働いているのは私たちのためだから」

Mちゃんが我慢していることがよく分かった。

「分かった。Mちゃんの発表見てるから。一生懸命見てるから」

わたしがMちゃんにできることはそれくらいしかなかった。

Mちゃんは、こくんとうなずいた。

お母さんはいろいろあって離婚したこと。

お兄ちゃんが不登校になって家で暴れていること。

お兄ちゃんの学校の呼び出しには、

お母さんが応じていないことが聞こえてきた。

12月の個人懇談で、いったい何をお話ししたらいいのだろうと何度も何度も考えた。

個人懇談の当日、夕方17時を過ぎた頃

「5分ぐらいしたら帰らないといけないから」と言って

教室に現れたお母さんに、

Mちゃんの学習発表会のビデオを見てもらうことにした。

「私の夢は大人になって働いて、お母さんをラクにすることです」

と、2分の1成人式でMちゃんが発表していた。

それを見てお母さんは泣いた。ずっと泣いた。

5分だけと言っていたのに、

10分たっても15分たってもずっと泣いていた。

わたしは、お母さんが泣き止むのをじっと待った。

お母さんは、

「分かっていてくれたんだ」とつぶやいた後で、

「私、家に帰ったら娘を抱きしめます。ずっとしていなかった」と

顔を上げてわたしの目を見て言った。

「きっとMちゃん嬉しいと思います。お母さんのこと大好きだから」と応えた。

何を話したらいいだろうか。どう伝えたらいいだろうか。

考えて考えた末に、お母さんと話したことは挨拶と、

ビデオをみて下さいと、最後の言葉の3つだけ‥

翌朝、いつものように教室で子ども達を迎え入れていた時に、

Mちゃんと目が合った。

Mちゃんがニコっと笑った。

Mちゃんが笑顔でいる。

それでいい。それだけでいい。

Photo by Emmy

ABOUT ME
ペンギン先生
ペンギン先生(たかはし あやお) 愛知県在住。元小学校教員。講師。 学級崩壊のクラスを受け持ち、子ども達を目の前にして何をしたらいいのか、どう理解したらいいのか分からずとても困っていたあの頃の私を思い出しながら書いています。 自己肯定感の低い子ども達や家族の心の闇に直面し、「子ども達一人ひとりに、必ず1つは『天才のたね』がある!」「温かな家族のようなクラスにしたい!」という想いを心の灯火に、試行錯誤しながらも課題に1つ1つ取り組み、全国平均76%よりも低かった子ども達の自己肯定感が担任していたクラスでは97%へと向上。 このブログを通じて、子供達の可能性を信じる気持ちが波紋のように大人たちに広がることを願って。

POSTED COMMENT

  1. 加藤尚美 より:

    どんな言葉より、お母さんが感じることがまきちゃんの伝えたいこと。
    余計なことを足そうとしない、あやおちゃんの在り方がすでに光です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です