まきちゃんの笑顔

「子どもの世話はできません。あの子は全部、自分でできますから」

家庭訪問で初めて出会ったまきちゃんのお母さんはそう言った。

小学校4年生を担任していた4月の終わりの頃だった。

 

それから半年後の10月…

いつもより元気のない様子に「どうしたの」と聞いたら、

「先生、母さんが今度の学習発表会は仕事で来られないって言った」

と、まきちゃんがそう応えた。

「先生から、お母さんに頼んでみようか」

「ううん、いい。母さんが働いているのは私たちのためだから」

まきちゃんが我慢していることがよく分かった。

「分かった。まきちゃんの発表見てるから。一生懸命見てるから」

わたしがまきちゃんにできることはそれくらいしかなかった。

まきちゃんは、こくんとうなずいた。

 

お母さんはいろいろあって離婚したこと。

お兄ちゃんが不登校になって家で暴れていること。

お兄ちゃんの学校の呼び出しには、

お母さんが応じていないことが聞こえてきた。

12月の個人懇談で、いったい何をお話ししたらいいのだろうと何度も何度も考えた。

 

個人懇談の当日、夕方17時を過ぎた頃

「5分ぐらいしたら帰らないといけないから」と言って

教室に現れたお母さんに、

まきちゃんの学習発表会のビデオを見てもらうことにした。

 

「私の夢は大人になって働いて、お母さんをラクにすることです」

と、2分の1成人式でまきちゃんが発表していた。

それを見てお母さんは泣いた。ずっと泣いた。

5分だけと言っていたのに、

10分たっても15分たってもずっと泣いていた。

わたしは、お母さんが泣き止むのをじっと待った。

お母さんは、

「分かっていてくれたんだ」とつぶやいた後で、

「私、家に帰ったらまきを抱きしめます。ずっとしていなかった」と

顔を上げてわたしの目を見て言った。

「きっとまきちゃん嬉しいと思います。お母さんのこと大好きだから」と応えた。

何を話したらいいだろうか。どう伝えたらいいだろうか。

考えて考えた末に、お母さんと話したことは挨拶と、

ビデオをみて下さいと、最後の言葉の3つだけ‥

 

翌朝、いつものように教室で子ども達を迎え入れていた時に、

まきちゃんと目が合った。

まきちゃんがニコっと笑った。

まきちゃんが笑顔でいる。

それでいい。それだけでいい。

Photo by Emmy

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です