Mちゃんの笑顔

「子どもの世話はできません。あの子は全部、自分でできますから」

家庭訪問で初めて出会ったMちゃんのお母さんはそう言った。

小学校4年生を担任していた4月の終わりの頃だった。

それから半年後の10月…

いつもより元気のない様子に「どうしたの」と聞いたら、

「先生、母さんが今度の学習発表会は仕事で来られないって言った」

と、Mちゃんがそう応えた。

「先生から、お母さんに頼んでみようか」

「ううん、いい。母さんが働いているのは私たちのためだから」

Mちゃんが我慢していることがよく分かった。

「分かった。Mちゃんの発表見てるから。一生懸命見てるから」

わたしがMちゃんにできることはそれくらいしかなかった。

Mちゃんは、こくんとうなずいた。

お母さんはいろいろあって離婚したこと。

お兄ちゃんが不登校になって家で暴れていること。

お兄ちゃんの学校の呼び出しには、

お母さんが応じていないことが聞こえてきた。

12月の個人懇談で、いったい何をお話ししたらいいのだろうと何度も何度も考えた。

個人懇談の当日、夕方17時を過ぎた頃

「5分ぐらいしたら帰らないといけないから」と言って

教室に現れたお母さんに、

Mちゃんの学習発表会のビデオを見てもらうことにした。

「私の夢は大人になって働いて、お母さんをラクにすることです」

と、2分の1成人式でMちゃんが発表していた。

それを見てお母さんは泣いた。ずっと泣いた。

5分だけと言っていたのに、

10分たっても15分たってもずっと泣いていた。

わたしは、お母さんが泣き止むのをじっと待った。

お母さんは、

「分かっていてくれたんだ」とつぶやいた後で、

「私、家に帰ったら娘を抱きしめます。ずっとしていなかった」と

顔を上げてわたしの目を見て言った。

「きっとMちゃん嬉しいと思います。お母さんのこと大好きだから」と応えた。

何を話したらいいだろうか。どう伝えたらいいだろうか。

考えて考えた末に、お母さんと話したことは挨拶と、

ビデオをみて下さいと、最後の言葉の3つだけ‥

翌朝、いつものように教室で子ども達を迎え入れていた時に、

Mちゃんと目が合った。

Mちゃんがニコっと笑った。

Mちゃんが笑顔でいる。

それでいい。それだけでいい。

Photo by Emmy

1 件のコメント

  • どんな言葉より、お母さんが感じることがまきちゃんの伝えたいこと。
    余計なことを足そうとしない、あやおちゃんの在り方がすでに光です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    ペンギン先生(たかはし あやお) 岐阜大学教育学部を卒業。 ポルトガル語の通訳として南米出身労働者の生活・労働相談に 約10年間携わり、その日々を通して「寄り添うことの大切さ」を学ぶ。 その後、日本語指導員として公立の小中学校を巡回指導していた時に、 外国人労働者の子ども達の殆どが進学を諦めるという現実を知り、 「国籍や家庭環境に関係なく、才能が開花する方法がきっとある」 という想いから小学校の教員に転職する。 最初は学力向上に力を注ぐが、 学級崩壊を体験したクラス担任に抜擢された時に、 不安感が高く、自己肯定感の低い子ども達や家族の心の闇に直面し、 試行錯誤しながらも課題に1つ1つ取り組み、クラスを立て直す。 これらの経験を通して、安心・安全な環境作りの 独自の手法を体系化し、翌年、学校全体に共有化すと、 全国平均76%よりも低かった子ども達の自己肯定感が、 学校全体で86%、担任していたクラスでは97%へと向上する。 また、発達障がいや外国籍児童、生活困窮家庭を背景とする 児童が多くクラスに在籍する中で、 安心感の高いクラスとして心理学(選択理論)の論文の研究対象となり、心理学(選択理論)の大学院教授からは「奇跡のクラス」と称される。 子どもたちと共に過ごした日々を通して、 思いやりと優しさは生まれもってみんなに備わっており、 「天才のたね」も一人ひとりの中に必ずあること、 天才のたねは思いやりや優しさを通して開花することを学ぶ。