心が羽ばたいている

3年生で学級崩壊をした4年生のクラスの担任となり、

2週間ほどたった頃のこと…

男子の1人が「先生、大変、来て!」

と、血相を変えて教室にやってきました。

隣の教室では、次の体育の授業のために、

男子が着替えをしているはずでした。

 

急いで隣の教室に行くと、

2階のベランダから飛び降りようとしたS君を、

2人の男子が大騒ぎして抑えていました。

安全な場所までS君を連れて行き事情を聴いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①S君がY君をふざけて叩く。

②痛くて怒ったY君が「S、死ね」と言う。

③S君が「なら死んでやる!」と言って、ベランダから飛び降りようとする。

④それを近くにいた男子2名が取り押さえる。

という状況でした。

・S君には「命の大切さ」の指導

・Y君には言葉の指導

・周りの子ども達は、S君の気持ちを配慮して「うわさ」をしないこと

・保護者への連絡と今後の相談

と対応しました。

 

その過程で、私には大きな疑問が残りました。

3年生で学級崩壊をしていたクラスを4年生で引き継いで2週間

チクチク言葉の撲滅運動に取りかかっていましたが、

残念なことに、まだまだ普通に子ども達の口から

「死ね」「うざい」という言葉が出てくる現状です。

「なぜ、S君は『なら死んでやる』と衝動的に飛び降りようとしたのかな」

私には、S君の衝動的な行動がとても気になりました…

 

(S君の心の中はいったいどうなっているのだろう…)

 

私は、S君の心の動きが分かりたくて、

S君の様子をじっと見つめることを始めました。

すると、S君の行動にはいくつかの特徴が見られました。

アイディアがあり、普段は朗らかなS君であったのですが、

まず漢字の練習ノートの字が非常に乱れていて、

何度S君にお話ししても改善しませんでした。

それまでに出会った子ども達との体験から、

(S君は、朗らかな様子の影で、心は心配事があったり、荒れていたり、

塾などで忙しすぎたりする子かもしれない…)

と思いました。

授業中、算数の問題で少しでもつまづくと、

ノートに鉛筆でぐちゃぐちゃに書き殴って

顔を伏せることもありました。

図工の作品作りでは、途中で作品をこわし、

恨みがましい目でジトリと見上げることもありました。

(S君は、1つ間違えると「失敗した」と思い込んでいる子なのかもしれない…)

と思いました。

 

S君に気持ちを聴いてみました。

でも、彼自身にも心のモヤモヤが言葉で表現できない様子でした。

 

(どうしたら彼の心が分かるのだろう…)

 

お空を見上げて考えていた時です。

ひらめきました!

S君が言葉で説明できないなら、

S君の感情を「見える化」しよう!

図工の時間の振り返りカードの「理由」に

感情曲線(気持ちを線で表してもらうこと。勝手に命名)を

描いてもらうことにしました。

 

感情曲線とは、「楽しい・嬉しい」時には上に

「悲しい・つまらない」時には下に描くという事だよと

子ども達に説明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、授業の途中にやりかけの作品を前にして、

恨みがましい目でジトリと見上げる彼の感情曲線は、

下記の通りになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業の時間がまだ十分に残っているのに、再チャレンジすることなく

「こわれた」から先がありませんでした。

ドンっと下まで一気に下まで落ち込む様子も気になりました。

 

(もしかして『こわれた⇒失敗⇒ダメなぼく』と思い込んでいるのかな…)

と思いました。努力の過程(プロセス)よりも結果を求められることの方が

経験として多いと、子どもの中に「失敗=ダメな僕」と思い込んでしまう子がいます。

そこで、S君に確認してみることにしました。

S君は算数を得意としていました。

「S君、算数で90点だったらどんな気持ち?」

と聞くと、

「なんで間違えたのって叱られる。」

と、S君は答えました。100点をとらないと叱られるとのことでした。

その後、S君のお母さんとお話しする機会があり、聞いてみました。

「私が計画した通りに勉強すれば、

漢字のテストは100点とれて当たり前なのに

なぜ出来ないのかが分からない。」

と、とても勉強が出来そうなお母さんは言いました。

 

S君からだけではなく、テストで100点を取らないと

「『なぜ出来ないの』と言われる」

と、他の子ども達からよく聞きました。

努力をしている過程(プロセス)よりも、

誰かが決めた基準に達していないと言われると

子どもは辛いものです。

それに、「なぜ出来ないの?」の言葉には、

実は非難の気持ちが入っていて、

言葉以上に子どもは大人の気持ちに敏感で傷つきます。

また、子どもに「なぜ出来ないの?」と言う時には、

事前に具体的な視点を与えておく必要があります。

多くの子どもは「なぜ」と聞かれても、

分からないから困っているのです。

 

「どうしたかったの?」

と、子どもの思いを聴き、

「次はどうしたらいいかな。」

と、子どもに選択させる聴き方の方が

子どもはずっと出来るようになります。

どこでつまづきやすいのかも掴めます。

自己肯定感も上がります。

 

 

S君のお母さんは中学受験を考え、

S君に熱心に勉強を教えていました。

ところが、緻密なタイプのお母さんにとって適した勉強の仕方が、

タイプが真逆のS君とっては適しておらず、

お母さんが熱心になればなるほど、

S君の頭が真っ白になっていく様子が覗えました。

お互い思い合っているのに、

ボタンの掛け違いのようなことが起きていました。

S君とお母さんとの関係性が少し分かってきました。

 

まず、S君の心の状態を良くするのに、

私は何ができるのかを考えました。

非常に落ち込みやすいS君に必要なのは、

1人で出来ない時に「手伝って」や「助けて」

という力を身につけて、再チャレンジする力だということを感じた私は、

S君に「1人でするのが難しいなという時は、

『手伝って』と、言えたら花丸だよ。」と伝えました。

 

すると、S君は図工の時間に、

以前は失敗すると顔を伏せてジトリと目を見上げて何もやらなかったS君が、

「先生、ここをどうしたらいいのか分からない。」

と聞くようになりました。

そして、2人でこうしてみよう、あーしてみようと

一緒に作業するようになりました。

その時の彼の感情曲線はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品は何度かこわれ、その度に直し、

最後に、「直そう」で終わっていました。

そうやってS君は、作品がこわれても途中で諦めることなく、

再チャレンジするように変化したのです。

S君のお母さんにも理解していただきたいS君の成長だったので、

この時の感情曲線のプリントを大切にとっておき、

S君のお母さんに見せて、S君の再チャレンジを喜び合いました。

 

作品作りの手助けをしている内に、

S君はやがて、びっくりするような図工の作品を仕上げるようになりました。

もともと、アイディアの豊富なS君だからこそ、

作り上げたい作品のレベルが高かったのです。

本人の達成したいレベルが高く、

でも、まだ10歳で技能がそこまで追いついていない。

そして、できなくてドーンと落ち込むというところに、

彼の「天才のたね」を感じました。

だからこそ、改めて「再チャレンジする力」は大切だと思いました。

 

「彼のアイディアや工夫、芸術的なセンスは優れていますよ」

と、彼が作った作品を見せながらお母さんにお伝えすると

「実は、私、芸術は全然分からないです。

だから、先生が言う彼のよさが私には分からないのです。」

とのお返事でした。

勉強の適したやり方においても、

得意とすることにおいても、お母さんとS君はタイプの違う親子でした。

ただ、本当は1人ひとり適した学び方は違うし、得意とすることも違う個性なのですから、

違って当たり前なんです。

この頃になると、S君が以前のようにドーンと落ち込んで、

諦めるて投げ出すことがへり、その変化を感じたお母さんが、

私にS君にどんな言葉をかけたらいいのか、

どう関わったらいいのかを相談してくるようになりました。

S君の成長に必要なことは何かを一緒に考えるようになり、

お母さんからヒントをいっぱい頂きました。

私は、親と子どもを間に向き合う関係よりも、

子どもを真ん中において、保護者と教師が一番星を見るように、

同じ方向を見て一緒に歩いて行く方法がすきです。

 

図工と併行して、算数の時も

「出来ない時は、やり方を聞いてもう一回チャレンジしたら〇(まる)だよ。」

「分からない時は、教えてって言っていいよ。」

とS君に伝えると、

S君の中で、「出来なくて失敗」が「もう一回やればいい。」

「分からなかったら手助けしてもらえばいい。」

に変わっていきました。

彼の中で「出来ない=失敗=ダメなぼく」

という自己否定が少しずつなくなり、

様々な場面でチャレンジする姿が増えていったのです。

それと同時に、漢字ノートの字が丁寧になっていきました。

S君の心が落ち着いてきました。

 

そんなS君の1番の変身を感じたのは、和太鼓の発表会の時です。

「心を1つに」を合い言葉に、

音や呼吸を仲間と共に合わせる和太鼓の練習で、

彼はどんどんと自分の枠を外して、伸び伸びとしてきました。

 

発表会の当日

クラスの子ども達が予想以上に素早く準備をし、

発表会の開始前に時間が余りました。

その時に、子ども達がみんな私の周りに集まったので、

「せっかくだから、何かかけ声をかけて始めてみる?」

と私が聞くと、子ども達は口々に

「殻を打ち破れでしょ!」

と言いました。

私は、これを聞いた時、心がふるえました。

周りの大人に否定され傷ついた心を殻で覆っていた子ども達…

4月の出逢いの時には

「無理だし」「面倒くさいし」「出来ないし」

と言うことで自分を守っていた子ども達…

心がバラバラだった子ども達…

半年の時を経て、

円陣を組み、

皆でいっせいに声を揃えて、

「殻を打ち破れ!オー」

と叫んでから、和太鼓の発表会がスタートしました。

 

発表会が終わった後、

S君が私のところに走ってやって来ました。

そして、

「先生、ぼくはね、殻を打ち破るどころか

もう、心が羽ばたいているよ。」

と、満面の笑顔で言いました。

(やっと子どもらしい自由な心に戻れたんだね、S君…)

そう思いながら、

「心が羽ばたいているのね。それを聞いて嬉しいな。」

と、笑顔を返しました。

 

それから約2年後

彼らの卒業式の前日

学校近くの公園に、クラスの子ども達が集まっていました。

S君が「最後の思い出にみんなで遊ぼうよ」と、呼びかけたと聞きました。

クラス全員が集まっている…

みんなが楽しそうに遊んでいる…

子ども達の心が繋がっている…

私の心は深い喜びでいっぱいになりました。

そして、久しぶりに再会した私に、S君が将来の夢を教えてくれました。

「先生、僕の夢はパイロット!

大人になったらパイロットになりたい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Emmy

 


→人気ブログランキング

にほんブログ村 教育ブログへ
→にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です