心と対話と物語

静寂さと素晴らしい自分

全ての感情は、自分をより深く知るサイン

感じるは、「神ずる」という

友人達との対話を通して

ふと沸いて出た言葉…

 

感情は、波立つ海の表面で

神様は

静かな深海に潜んでいる

 

だから

美しい詩を読んだり

森を散歩したり

芸術に触れたり

瞑想したりすると

 

心が静寂にシーンとなって

神様=素晴らしい自分に繋がる

そう

素晴らしい自分に繋がる方法は実にシンプル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Emmy


→人気ブログランキング

にほんブログ村 教育ブログへ
→にほんブログ村

ABOUT ME
ペンギン先生
ペンギン先生(たかはし あやお) 愛知県在住。元小学校教員。講師。(近い未来)作家。 学級崩壊のクラスを受け持ち、「面倒くさいし」「やりたくないし」「出来ないし」という子ども集団を目の前にして、「何とかしたい」「道を拓きたい」と懸命に試みていたあの頃の私を思い出しながら書いています。 自己肯定感の低い子ども達や家族の心の闇に直面し、「子ども達一人ひとりに、必ず1つは『天才のたね』がある!」「温かな家族のようなクラスにしたい!」という想いを心の灯火に、試行錯誤しながらも課題に1つ1つ取り組み、全国平均76%よりも低かった子ども達の自己肯定感が担任していたクラスでは97%へと向上しました。 このブログを通じて、子供達の可能性を信じる気持ちが波紋のように大人たちに広がることを願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です