小さな声を聴く~子ども達からのギフト~

学級崩壊のクラスを引き継いで、

2ヶ月ぐらい経た頃のことです。

子ども達の話を、耳を澄ませて聴くようになると、

堰を切ったように泣き出す子ども達が出てきました。

ふんばって生きている子ども達が、

ナミダを流した後にお話しをしてくれました。

そして、私はそのお話をじっと聴きました。

その中で、当時の私に

ものすごく影響を与えた女の子(当時10歳)がいました。

まきさんです。

参照 まきちゃんの笑顔

まきさんは、心が落ちつかずがちゃがちゃとする

子ども達が多いクラスの中では珍しく

静かに学習に取り組む子でした。

宿題も、毎日欠かさずやってきました

そのまきさんが、アンケートの回答欄に「学校が楽しい」と書いてきました。

以前の私なら、「学校が楽しいならよかった」

とそのままにしたかもしれません。

でも、その時はなぜだか「だいじょうぶだ」

という感じがしませんでした。

そこで、2人きりになれるところにまきさんを呼んで、

「学校が楽しいのはどうして?」と聴いてみました。

すると、彼女の目から涙が溢れ出し、

「家だと(不登校の)お兄ちゃんが暴れて叩いてくる」

「家の中はケンカばっかりだから、学校が楽しい」と話し始めました。

(ずっとだれにも言えずに辛かったんだ)と思った私は

この時、胸の奥がきゅーっとなりました。

まきさんの心の奥の奥にある痛みを一緒に感じたのです。

そして、「学校が楽しい」というまきさんとって、

昨年、学級崩壊したクラスの中で

先生や子ども達の怒鳴り声や

ケンカの声を聞くのは、

どんな気持ちだったのだろう………

家の中でも学校の中でも怒鳴り声やケンカの声ばかり…

きっと一生分は聞いただろうな。

もうそんな声をまきさんに聞かせたくないと

わたしは心の底からそう思いました。

まきさんは、

「仕事で疲れている母さんには、心配かけたくないから言えない」

とも言いました。

お母さんに、初めてお会いした時のことを思い出しました。

人生が思う様にいかず、心も身体もくたくたな様子でした。

お母さんに何かを頼むのは難しそうだなと思いました。

胸の奥が更にきゅーーーとなりました。

お母さんが大好きで心配かけたくないから、

ふんばって生きているんだなと思いました。

「私にいったい何ができるだろうか。」

と思い、まきさんに問いました。

「学校にいて、いつが楽しいの?」

「休み時間に、友だちとおしゃべりをする時が楽しい」

「お友だちは、お兄さんのことを知っているの?」

「うん、家のこと何でも話ができる」

何でも話ができるお友だちが1人いることが分かりました。

 

お話しを聞いた後で、1つずつ約束をしました。

お兄さんから暴力を受けたら直ぐに私に伝えること、

私は、まきさんの楽しみにしている

放課の時間には授業を延長しないこと…

 

彼女の1日の中にある僅かな「楽しい時間」を確保したいから、

約束を守りたいと思いました。

でも、どうしても、どうしても守ることができずに

授業を延長してしまうときがありました。

その時は、次の授業の開始の時間をずらしました。

そうやって、約束を守ろうとしました。

その頃には彼女と私に、

「先生、まあ、ぎりぎりセーフね」

「何とかしましたよ。ごめんね」

と、目と目で会話する心の繋がりができていました。

 

彼女から話を聞いた後で、

大人の方でご自身の子どもの頃の話を打ち明けて下さる方がいました。

その方は父親から暴力を受けて育った方でした。

夏休みが苦痛で、夏休みになると家に居たくなく、

自殺しようと思ったことが何度もあったと教えてくれました。

家の中が安心じゃないから、

「学校が楽しい」子どもがいるということ…

「楽しい夏休み!」とはしゃぐ子ども達の中に混じって、

心に苦しみを抱えている子ども達がいるということ…

それは、大変な孤独だなと感じました。

胸がずきんと痛くなりました。

どれだけの子ども達の声を聞きのがしてきたのだろうか…

もしかしたら、あの時も、この時もと、

子ども達との会話がひとしきり思い返され、

ずーんとメゲて、のたうちまわりました。

そしてひとしきりのたうちまわった後で、

「今、ここからだ!」と思い直した時です。

 

1つのクラスしかない学校で、

ずっと一緒にいた子ども達だったのに、

4月に始めて教室に入った時に感じた

冷ややかな雰囲気がなぜなのかに気がつきした。

「長い時間を一緒に居たとしても、

温かな関係性が築けることになるとは限らないんだ。

冷ややかな雰囲気は、繋がりの薄い関係性からきているだ。」

と気づいたのです。

そして、きゅーっとなった胸の奥の奥から

「温かな家族のようなクラスにしたい!」

という想いが溢れてきました。

その想いを叶える方法を探して、

試してを繰り返す中で、

子ども達一人ひとりが変化し、

崩壊したクラスが再生し、それが翌年、

学校全体の自己肯定感を高める実践となりました。

まきさんの心の奥の奥にある小さな声に

耳を澄ましたことがきっかけでした。

参照 愛おしいを育む居場所~心理学オタクの実践~

 

翌年「飛び出し君」に出逢った時も、

「うるせ~」「ばばあ」「ぶっ殺す」と悪態をつく「飛び出し君」を前にして、

反射的に「飛び出し君」を排除しようとするパワフル先生を前にして、

ケンカも争いも苦手な私が勇気を出して、

「飛び出し君をクラスに入れます」と言えたのは、

「飛び出し君」に居場所がなくなることに心が痛かったからです。

心の痛みによって、

「飛び出し君」に居場所を創りたいという

私の中の本当の想いに気づくことができました。

 

「飛び出し君」の対応をしている時には、

「学校が楽しい」という言葉の奥にある本音を伝えてくれたまきさんや、

学級崩壊から再生する姿を見せてくれた子ども達との日々が心の支えとなりました。

子ども達との日々を通して、今、目の前の子どもが荒れていても、

「人は再生する」ということが信じられたからです。

「飛び出し君」も、わたしの想いに応えるように、

心の奥の奥にある本当の声を聴かせてくれるようになりました。

参照 「飛び出し君」の春風

 

「あなたが大切に思うものの中に、あなたの心がある…」

という言葉がショパンのお墓に書かれています。

その言葉を知った時に、

まきちゃんや「飛び出し君」や、

わたしの横で涙をながす子ども達の横に座って

じっと話を聴くことは、

心の痛みを伴うことで辛い時もあったけど、

それぐらい子ども達のことを大切に想っていたんだなと思いました。

そして、心に痛みを感じた後で

心の奥底から湧き上がって想いは

わたしが本当に「大切にしたい」ことでした。

大切にしたいことを大切にしたら、

崩壊していたクラスは再生し、

「飛び出し君」との心の繋がりができました。

痛みから、労り(いたわり)や思いやりが生まれて

温もりが広がり包まれていくこともあるのですね…

 

子ども達の心の奥の奥の声に

耳を澄まして聞くようになったら、

自ずと自分の心の中にある

「小さな声」が聴こえるようになっていたこと…

これは、子ども達からわたしへのギフト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Emmy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です