「学校が楽しい」の中の小さな声

学級崩壊のクラスを立て直すために、

子ども達の話を以前よりも、耳を澄ませて聴くようになると、

堰を切ったように泣き出す子ども達が出てきました。

出てきたというか、続出でした。

 

その中の1人が、Aさん(当時10歳)です。

 

Aさんは、授業中静かに座っていられる女の子でした。

当時のクラスの状況には珍しく、宿題も、

毎日欠かさずやってくることができました。

教師からしてみたら、一見「真面目な良い子」でした。

そのAさんが、ある時「学校が楽しい」と書いてきました。

以前の私なら、「学校が楽しいなら、問題ないな。だいじょうぶ」と、

思ったと思います。でもなぜか、「だいじょうぶ」という気持ちになれませんでした。

 

そこで、Aさんに「学校が楽しいのはどうして?」と聴いてみました。

すると、彼女の目から涙が溢れ出し、

「家だと(不登校の)お兄ちゃんが暴れて叩いてくる。」

「仕事で疲れている母さんには、心配かけたくないから言えない。」

「家の中はケンカばっかりだから、学校が楽しい。」

泣きながら、そう言いました。

 

(Aちゃん、ずっと辛かったんだ。)

私はこの時、胸の奥がきゅーっとしました。

 

「学校が楽しい」というAさんにとって、

昨年クラスが崩壊し、

先生や子ども達の怒鳴り声やケンカの声を聞くのは、

どんな気持ちだったのだろう………

家の中でも、学校の中でも

怒鳴り声やケンカの声を一生分聞いただろうな。

もう聞かせたくないなっと感じました。

 

Aさんのお母さんに、初めてお会いした時のことを思い出しました。

人生が思う様にいかず、心も身体もくたくたな様子でした。

そして、くたくたなお母さんに「心配かけたくない」と思うAさんの気持ち…

ぎりぎりのところに居るのに、お母さんを思いやる子どもの優しさに触れて、

胸の奥が更にきゅーーーとなりました。

 

Aさんのお話しを聴きながら、

私に何ができるのかなと考えました。

 

「学校にいて、いつが楽しいの?」と聞いてみました。

 

すると、Aさんは、

「休み時間に、Yちゃんとおしゃべりをする時が楽しい。」

と言いました。

「Yさんは、お兄さんのことを知っているの?」

と聞くと、

「Yちゃんには、家のこと何でも話ができる。」

と答えました。

お話しができる友だちが1人いるならまだいいなと思いました。

なぜなら、1人で誰にも話せずに抱えていることが、

1番辛いことだと思ったからです。

 

Aさんと私は1つずつ約束をしました。

Aさんは、お兄さんから暴力を受けたら直ぐに私に伝えること、

私は、放課の時間は授業を延長しないこと、

でも、どうしても、どうしても守れずに、

授業を延長してしまうときがありました。

その時は、次の授業の開始の時間をずらしました。

そして、Aさんと私は、

「先生、まあ、ぎりぎりセーフ。」

「何とかしましたよ。すまんね。」

と目と目で会話しました。

 

Aさんからお話しを聴いた後で、

大人の方からもお話しを聴きました。

その方は、親から暴力を受けて育った方でした。

夏休みが苦痛で、夏休みになると家に居たくなく、

自殺しようと思ったことが何度もあったと教えてくれました。

 

家の中が安心じゃないから、「学校が楽しい」子どもがいるということ…

 

Aさんから話を聴い、その方からも話を聴いて、

「学校が楽しい」という言葉の奥にある、

「小さな声」が聴こえていなかった自分に、

どれだけの子ども達の声を聞き逃してきたのだろう…

と、胸が痛くなりました。

もしかしたら、あの時も、この時もと、

子ども達との会話がひとしきり思い返され、

ずーーーーーーーんとメゲて、のたうちまわりました。

そしてひとしきりメゲた後で、

「何でも、今、ここからだ!」と思い直した時です。

 

「長い時間一緒に居ることが、温かな関係性を築くことになるのではないんだ。

初めて教室に入った時に冷たいと感じたクラスの雰囲気は、

絆の薄い関係性からきているだ」と気づいたのです。

そして、きゅーっとなった胸の奥の奥から、

「みんなに居場所のあるクラスにしたい!」

「温かな家族のようなクラスにしたい!」

という想いが溢れてきました。

その方法を探して、試して、どうしようっと考えることを繰り返す中で

それが、翌年、学校全体の子ども達の自己肯定感を高める実践に繋がりました。

 

そして、教員人生最大級の「飛び出し君」に出逢った時も、

「うるせ~」「ばばあ」「ぶっ殺す」と悪態をつく「飛び出し君」を前にして、

「彼さえ居なければまだ楽なのに」と追い出したくなる気持ちよりも

「彼にも居場所を創る」という気持ちを選ぶことができたのは、

「学校が楽しい」という言葉の奥にある「小さな声」をAさんが伝えてくれた

あの時の胸の奥の奥にある想い「温かな家族のようなクラスを創りたい」を持ち続けていられたから。

Aさんの小さな声が支えてくれたからできたこと。

 

参考図書 「子どもが育つ お母さんの言葉がけ」 汐見稔幸著

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Emmy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です