学校の中は小さな社会

子ども達はそれぞれ、

生まれもった価値があって、

温かさや優しさの中で、

天才のたね(よさや才能)が育ったら、

苦手なことやできないことを、

素直に「助けて」と伝え合うこと出来たら、

分かち合いと支え合いを大切にした、

皆に居場所のある世界ができる。

 

皆に居場所があれば、

心配や不安から、

小さなイスを巡って争う必要は何もない。

 

子どもの心と子どもの世界が、

安心で安全に守られている平和な世界。

 

一般には困難と言われる、

家庭環境の中で育つ、

優しさと思いやりに満ちた、

子ども達との出逢いを通して学んだことは、

 

 

生まれもって優しさと思いやりはみんなもっているということ。

一人ひとりに「天才のたね」があるということ。

そして、「天才のたね」は、優しさと思いやりを通して開花するということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by Emmy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です