水びたし事件簿~「立ち歩き君」のありがとう~

「キッキキーとイライラするおさるさんに

ガオーっと怒るライオンさんもいるね~」

と、その頃の子ども達の騒がしい様子につい言ったら

「あ、ぼくライオン」

「私、さる!ウッキキー」

と子ども達が盛り上がり、

「だったら先生は(動物園の)園長だね!」

と、子ども達の中で決まり、

子ども達が動物気分の時には、

「園長」と呼ばれていた

5年生を担任していた頃のお話しです。

 

子ども達が別教室で図工の時間

図工は講師の先生が担当していたので

誰もいない静かな教室で、

久しぶりに心穏やかに宿題ノートをチェックしていた時のこと

廊下の向こうから、バタバタバタという足音とともに

「園長~~~~!大変だ~~~~!園長~っ!!!!!!」

と長―い廊下を響き渡る声!

「いったいどうしたの?」

「園長、直ぐに図工室に来て、直ぐに!」

子ども達の剣幕に、急いで図工室に行くと

あふれ出す水を手で必死に止めている

図工の先生の姿がそこに!

近寄ってみると、水を出すためにひねる部分、

つまりハンドルが外れていて、

そこから水が勢いよくあふれていました。

手でふさいでも、そこから水が勢いよくあふれてきていて、

図工室の床は水浸し、

子ども達はキッキー、ガオー、キャキャキャと騒いでいました。

 

皆さん、ご存じですか。

ハンドルが外れて勢いよく水があふれ出た時にどうするか?

わたしはどうしていいのか分からず、

他の先生に聞きに行きました。

そして知りました。

水があふれた時はですね、

まず側にある水道の蛇口を全開にして水圧をさげ、

外れたハンドルを取り付けたらいいのです。

 

さて、ハンドルを取り付けて、あふれ出る水が治まると、

図工室の床がちょっとしたプール状態。

子ども達が右往左往といろんな方向に

雑巾がけをしていても、

水があちらこちらへと

ただちゃぽんちゃぽんと波立っているだけなのです。

「う~ん、このまんまじゃみんな水浸しのまま日が暮れちゃうよ。

いったいどうしたら水退治ができるのでしょうか。」

と、お空を見た時ひらめきました!

ここは、チーム戦で水退治ですよ。

トホホだった気分が少し楽しくなってきました。

「はいはい、今からチームに分けて、水退治しますよ。

はい、上靴ぬいで、靴下ぬいでくださいね。

元気ある子、集まって!

あなたたちは、雑巾床ふきチームよ、

一列に並んで、一斉に同じ方向に雑巾がけをします。

ぎゅっと雑巾しぼれる子達よ、集まって!

あなたたちは、床ふきチームからパスされた雑巾をきっちり絞って、またわたしますよ。

他の子は、机の上をピカピカチームです。」と言い、

「はい、ピッピー(笛)スタート」

一斉に雑巾がけをして

ぬれた雑巾をパス。

かたくしぼった雑巾を受け取って、

また一斉に雑巾がけをする。

すると、同じ方向に水が流れ出し、

あっという間に水退治ができたのです!

何だろう、この清々しい一体感と達成感は!

 

見事、水を退治して、危機を脱出して、

ホッとした後のこと‥

「あいつのせいだ、あいつがやった!」

と何人かの子ども達が言い始めました。

さっきまでの清々しさが消えて、

何だか不穏な空気が漂ってきました。

子ども達を呼んで聞いてみると

「立ち歩き君」が水道の蛇口を触っている内に、

水があふれ出たのを見たということでした。

クラスの中に、

「やっぱりあいつか、あいつが悪い!」

というトゲトゲとした雰囲気が

じわじわ~と広がっていくのを感じました。

「立ち歩き君」とは、授業中立ち歩いたり、

廊下に出てったりする子どものことです。

そして、周りの子ども達は「立ち歩き君」に対して冷たく、

何かがおきると簡単に「あいつが悪い!あいつのせいだ!」

簡単に「立ち歩き君」のせいにして

正義の剣を振りかざすのが気になっていました。

「自分たちは正しくて、あいつが悪い」という時の

子ども集団の心の動きにはイジメの始まりや

正しさの陰にある残虐性を感じるので、

私はいつもザワザワとした嫌な気分になります。

仮にその子がしたことがその時「悪く」ても、

だからといってその子自体が「悪い子」ではないというのが

わたしの考え方です。

しかも本当に「立ち歩き君」が悪意をもってやったのかどうかが分からないうちから、

「あいつが悪い」と決めつけて責めている

子ども達の様子に異和感を感じました。

そりゃ、私だって正直、

「なんで、授業中に立ち歩いて、蛇口のハンドルさわるんだよ!

余分なことするんじゃないよ~!絶叫!」

という気持ちがないといったらウソになります。

が、腹が立つまま

「なんで〇〇したんだ」

「なんで△△しなかったんだ」

と起きてしまった出来事について

子どもを「なんで、なんで」と怒鳴っても、

「本当のところ」が子ども側から出てこなければ、成長に繋がりませんから。

しかも腹が立つまま怒鳴ると、

子どもから別のカタチで怒りが返ってきて

物事がややこしくなります。そこは経験済みです。

「腹を立てて小言を言うな。小言(こごと)言われて腹を立てるな」です。

 

一方、子ども達から話を聞いて、

「本当のところ」が子どもから出てきた時の、

子どもが変化したり成長したりする

きらり輝く瞬間の美しさといったら…

だから、「絶叫!ウキーッ」を感じても、

やっぱりここはいつもの方法です。

まずは、深呼吸して、

本人に「どうしたの?」と話を聞くことにしました。

すると、「立ち歩き君」は、

「直そうと思ったんだけど、

外れちゃってどうしようかと思った」と言ったのです。

心の中で

「う~ん、この話を信じるべきか疑うべきか。

to be or not to be : that is the question!」

と、葛藤が生じました。

「立ち歩き君」の普段の様子からだと、

「直そうと思って」がなかなか信じ切れません‥

そこでもう一度、目をじっと見つめて聞きました。

「本当に、直そうと思ったの?」

「うん、直そうと思ったんだけど、外れてしまったんだ。」

と、彼はわたしの目を見て言いました。

彼の本当のところが「直そうと思った」なら、

普段の彼の行いから判断するのではなく、

今日の彼を信じよう。

その方がいいと決めました。

「分かった!」と私は言い、

みんなを集めて伝えました。

「彼はね、確かに授業中立ち歩いた。

そして、蛇口を触った。

そしたら、外れてしまった。

ただ、壊そうと思ってわざとやったことじゃないよ。

直そうと思って触ったら外れてしまったんだ。

悪気がなかったけど起きてしまったことだ。」

と、言い放ちました。

すると、びっくりしたことに図工の先生も

「私もこの子が直そうとしたのを見たよ。

だけど、上手くいかないことだってある。

先生だって、彼じゃなくて先生が蛇口を触っていたら

同じことになったかもしれない。」

と言ったのです。

すると、神妙な顔つきになった「立ち歩き君」が、

「先生、みんなに言いたいことがあります」

とわたしに言ったのです。

(あれ、みんなに謝るのかな?)と思いました。

様子を見守ると、すっと背筋をのばした「立ち歩き君」が

「みんな、ぼくのためにありがとう!」

と言って、深々とおじきをし、頭を下げたのです。

すると「ありがとう」と言われた子ども達は、

「いいよ~」と言って笑って拍手し始めました…

私は、「ハテ、いったい子ども達に何が起きたのかしら。」

と意外な展開におどろきました。

「立ち歩き君」を責めていた子ども達のトゲトゲした雰囲気が笑いとともに変わり、

「立ち歩き君」の「ありがとう」を「いいよ~」と受け入れて拍手しているのです。

相変わらず子ども達のすることというのは

私が頭の中で考える小さくて狭い枠を越えて、

予想外のことを展開させていくから

そこがたまらなく面白いなと思いました。

5年生4月の出来事でした。

 

水にぬれた図工の教科書は、一枚一枚テッシュを挟んで、

辞書で重しをして乾かしてもよれよれでした。

教頭先生にお願いして新しく買ってもらうこともできると、保護者にお伝えしました。

多分、子ども達が言ったのでしょう。

誰1人新しい教科書を配付してほしいと言ってくる保護者はいませんでした。

1人の保護者は、「娘はこの図工の教科書をずっと大切に使いたいと言っているので」と教えてくれました。

 

この「立ち歩き君」との間にあった「ありがとう」のエピソードはあと1つ

「立ち歩き君」には、大切な親友が一人いました。

その親友が困っていた際、「立ち歩き君」が手助けしていたので

わたしが「あら、ありがとう」と「立ち歩き君」に言った時のことです。

「先生にいいことしたわけじゃないのに

なぜぼくに『ありがとう』って言うの」

と、まじまじとした顔で聞いてきたことがありました。

う~~ん、確かにそうだなあ、

なんで「ありがとう」なんだろうと考えて、

あっそうか!と思い、

「あなたが友だちを大切にしているのを見て

わたしは嬉しい気持ちになった。

だから『ありがとう』なんだよ」

と応えると、何とも照れたような嬉しそうな

表情をしたことがありました。

 

「立ち歩き君」は、それまでの4年間

「座りなさい!」と言われても立ち歩く子でした。

今まで十分に「座りなさい!」と言われ続けてきただろうから

逆に「歩いていい!」と言ってみたらどうなるだろうと

ふとひらめいて「あるきっぷ」を作り、発行しました。

「あるきっぷ」というのは、放課の時間に

次の授業で歩きたいなと思ったら、「立ち歩き君」が

わたしのところにもらいに来る切符のことです。

わたしは、何枚ほしいか聞いて、ほしい数を与えました。

歩く時に、周りの友だちに抱きついたり

話しかけたりしないという約束をして渡していました。

すると、数枚発行しただけで、

「立ち歩き君」は立ち歩かなくなり、

みんなと一緒に学ぶようになりました。

 

月日は流れ、

卒業式を向かえた子どもからお手紙をもらいました。

そこには、

「6年間の学校生活で1番の思い出は『水びたし事件』です。

みんなの心があの時1つにまとまったから」と書かれていました。

運動会、遠足、学習発表会といろんな学校行事があって、

算数の学力テストでは全国平均のかなり上をいった子ども達でした。

 

だけど、特別な学校行事でもなく、勉強で達成したことでもなく、

「水浸し事件」でみんなと心が1つになったことが

1番の思い出だと感じる子どもの心。

そんな子どもの心が、

私はとても愛おしい。

photo by Emmy

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です