火を噴く「怪獣母さん」と魔法

「飛び出し君」の居場所作りは、

ペンギン先生にとっても心ギリギリに挑戦中…
本人から「うるせ~ばばあ!」と言われて暴れられると
心が折れそうになります。

心が折れそうな時に支えてくれたのは、
教室でいつも一緒にいる子ども達でした。
その子ども達の中でも「飛び出し君」の気持ちが分かって、
私と「飛び出し君」の間を繋いでくれたのは、R君でした。

そのR君のお母さん…
中学校では「もう対応できません…」
とサジを投げられた程、
烈火のごとく怒る姿はガーガー火をふく「怪獣母さん」

「怪獣母さん」とペンギン先生の初めての出逢いの日は家庭訪問で、
家を訪れると、部屋の奥にR君がいました。

そのR君に向かって、「怪獣母さん」が、
「ばっかやろう~てめえ、さっさと宿題しろ!
さっきから言っているだろ(ちょっと巻き舌)
さっさとやって、かし食え。」
と、開口一番火を噴いて(後に、日常会話と判明)
「先生、我が家はアメとムチでビシビシとやっているので
先生もメリハリよろしく。」
と、言ったのです。

怒鳴り声がそもそも苦手なペンギン先生…
腰が引けながらも、
(アメとムチでビシビシやって、全然宿題出ていませんけどーーー
あれ、何だかおかしいな?アメとムチってよく聞くけど
子どもにとっていい方法なのかな)
と、大いなる疑問をもったのでした。

R君は、不登校傾向の子どもで、学校に遅刻して到着しては、
机の上でぐったりしている事がよくありました。
そのR君を昨年に引き続き、
補助に入っていたパワフル先生が、
「R君、ちゃんとやりなさい!!」
「R君、立て!」
と、またまた叱責します。
身長151㎝のちびペンギン…

責める声や叱る声は苦手です。
パワフル先生や「怪獣母さん」みたいに、怖く叱るなんてできません。
しかも、自分の心がチクチク痛むことは、
やりたくありません…

ぐったりとするR君の姿に大人の叱る声…

「あ~~何かいい方法はありますか~」
と、お空を見上げていたときに、ひらめいたのです!

学校と家とでアメとムチ!
その結果が見事な無気力スパイラルなら、
やっぱり真逆の方法ね!

ひらめいたら、即行動!
アメとムチの賞罰指導とは真逆の
「静かな承認」作戦をスタートしました。

その「静かな承認」作戦は、
教科書を開いた、席に座っているなど、
集団生活の中で「当たり前」と捉えるような行動をした子どもを、
「できたね」「やっているね」と認める作戦です。

あと、笑顔をむける、うなずく、見るなど

子どもの存在を認める承認は、
崩壊をしたクラスの立て直しの際の、
初期に行って最も効果があった手立ての1つです。

その「静かな承認」作戦中に、

ふだんぐったりしているR君が一瞬、
ピシッと座った時があったのです。

その時すかさず、「ピシッと座れたね」
と、R君の近くに行きささやきました。

その翌日、「怪獣母さん」が、
「先生に話がある!」
と、学校に現れました。
一瞬、凍り付く職員室…

ペンギン先生が行くと「怪獣母さん」が、
「先生、『ピシッと座れたね』と言ったそうだね。
うちの息子が『先生に褒められた!』とよろこんでた。
先生は、何かふわふわだ。ふわふわは、よく分からないけど、
息子のことを任せた。」
とガーッと言ったので、
「今後ともよろしく」
と、返事をすると帰って行きました。

しばらくしたある日…
「宿題をやれと言っても、うるさいくそばばあって言われるし、
どうしたら、子どもが言うこと聞くのか。」
と、「怪獣母さん」から相談をもちかけられました。

長い、長~い、母と子のアメとムチの歴史かぁ~
その長さを思い、どうしたらいいだろう…
と、お空のお星様を見上げるように
遠い、遠~い目になっていたら、
ひらめきました!

「お母さん、1ついい魔法があります。」
「何だ、それ?」
「何で宿題やらんのだ、ばかやろって言うと、
R君からは、うるせ~ばばあっと返事が返ってきますね。」
「返ってくる、本当に腹が立つわ。」
「絶対に『やる!』って約束するなら、魔法の使い方をお伝えます。」
「やる、約束する。」
「ジャジャ~ン。それは、『いいこと魔法』です。
ばかやろうと言うと、ばかやろうが返ってきます。
ありがとうと言うと嬉しいなどよい言葉が返ってきます。
いいことすると、いいことが返ってきます。
だから先ず、R君に『ありがとう』など、
最初によい言葉を使って下さい。」

「そんなことをやったら、子どもが図に乗るだろ!」
「1つでもやったら伝えて下さい、ね!

1つでもやったら『花丸~』ですよ。」

すると、数日後「怪獣母さん」から、
「ペンギン先生、本当だった!
どならずに頼んだらR、洗濯物手伝ってくれた!」
と、報告の電話がありました。
「花丸で~す。」
と、お返事しました。

その後も頻繁に学校に電話が鳴ったり、現れたりする
「怪獣母さん」との1番のビックリな出来事は、
ある時、教室に忘れたテストを暗い廊下を通って取りに行って、
教室の電気をつけたら、そこに怪獣母さんが、
「弟の忘れ物をとりがてら、何かきちゃった」
と言って、教室の中で立っていた時です。
お化けかと思って、腰が抜けるほど驚いて、
「そもそも、夜一人で教室に来るのは怖いですから、
明かりをつけたらいるというサプライズは、
お願いだからやめてちょうだい。」
と、言ったこともありました。
後から、「怪獣母さん」が子どもの頃に行けなかった学校に今来て
子ども時代のやり直しをしているのかなって思いました。

「怪獣母さん」が一番火を噴いた出来事は、
あるパワフル先生が行った勘違いからの冷たい指導に

息子が家で泣いて、学校を行きたくないと言って休み
電話の向こうから、火を噴く「怪獣母さん」の声が
職員室中に鳴り響いた時のことです。
職員室がー50°に凍り付き、上司にあたる先生が、
「あの母さんの上の子を担任した時に、
ぼくは、あの母さんや仲間に囲まれていろいろ言われて…
あの恐怖が、トラウマが…どうしよう、どうしよう」
と、うろたえていました。
周りの先生は、
「なんだ、あの母親の態度は」
と言って、怒っていました。
うろたえる先生に、怒っている先生達…

このままだと、R君は不登校への道一直線です。

ペンギン先生は、大きく深呼吸して広い青空を見ました。
「何ができるだろう…」
すると、ひらめきました。

そもそもですね、大切なのは、トラウマがとうろたえている上司の先生でもなければ、
火を噴く「怪獣母さん」でもないはずです。
大切なのは、泣いて訴えて、学校に行きたくないと言っているR君の気持ちですよ!

ひらめいたら即行動!
「だいじょうぶになりますから!」
と言って、
「怪獣母さん」に電話をして学校に来てもらい、
「そもそもケンカは1対1

ここは息子さんとパワフル先生と話し合いでいこうよ。」
と、提案したら
「分かった、そうするわ。」
と、「怪獣母さん」は火を収めて、R君とパワフル先生が話し合い、
パワフル先生が勘違いからした冷たい指導を認めて、
R君に「ごめんなさい」をして、
R君は翌日から学校に来ることができました。

火を噴く「怪獣母さん」との大波小波、また大波の交流を通して、

「怪獣母さん」が小さな頃は、病気がちで学校に行けなかったこと。
その後、不登校になったこと。
カッとなると、なかなかコントロールがきかなくて本当は困っていること。
忘れ物をさせたくないけど、学校のプリントに書いてあることがよく分からないこと。

沢山の生き辛さを抱えながら、
なかなか思うようにならない「怪獣母さん」の子育て…

「カッとなったら、深呼吸してみる?少し離れてみる?」
「プリントは、大事なところにマーカー塗るからそこだけ読む?」
と、一緒に少しずつ考えていきました。

これも全てはR君の環境が落ち着いて、
2年生で家出をしたことがあるR君にとって、
お家が安心な居場所になるといいと心の底から思っていたからやりました。

半年経ったある日
「怪獣母さん」からの電話が鳴りました。
「怪獣母さん」からの電話は、受話器をとると、
ガーッとまくし立てる話し方が特徴的でしたが、
「先生、お忙しいところすみません。今、お時間いいですか」
と、「怪獣母さん」が丁寧な言葉で言ったのです。
相談の内容は、
「できないことがやっぱり多いけど、できないと言うと周りに叱られそうで嫌だ。」
というものでした。
そこで、ペンギン先生は、
「あはははは~~自分も『できない』ことばかりです。
『できないからダメ』と言って叱ったら、自分を否定することになります。
だから『できないからダメ』って叱りませんよ。」
と、お話ししたら、
「先生、ありがとうございました」
という言葉で終わりました。

「ばっかやろ~てめえ」という言葉でスタートして約半年…
ついに「いいこと魔法」がきいたのです!…

受話器を置いて、嬉しくなったペンギン先生
「『怪獣母さん』から、『お忙しいところすみません』とか、
『ありがとうございます』という美しい日本語を聞きました!」
と、大喜びしていたら、

パワフル先生からすかさず、
「ペンギン先生!教師たるもの親に向かって『出来ない事がある』なんて言って!
先生の権威を落とすような発言は慎みなさい!」

と、叱られました。えっ!そこ?…チーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Emmy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です