日常こそが尊くて、日常こそが愛おしい

わたしの誕生日の日のことです。

「せっかくだからレストランにでも食べにいくか?」

と、誘ってくれたまこちゃん(夫)に

「我が家でのんびりと食べたい」

と応え、夕飯の時間帯に我が家にいました。

すると、自宅のチャイムが鳴り、

「お誕生日おめでとう」の言葉とともに

お仕事と家事の合間の時間をやりくりして

自宅に花束を届けてくださった方が現れました。

~・~・~

学校の先生を辞めた3年前、

それまで培った人間関係のほとんどを手放しました。

そして、この3年間の日々を経て、

こうやって何者でもないわたしに、

時間をやりくりして自宅にまで来て

お祝いをしてくれる方が現れるとは

とてもありがたいことだなと思いました。

~・~・~

先生を辞めた年の4月、

東京都内の高級マンションの一室で

「あやおちゃんは、これからどうしたいの」

と問いかけてくださった方がいました。

わたしはもし、何かを手に入れたいと言ったら、

その方はご自身がされているビジネスの智慧や経験を

伝えて下さるつもりで聞いてくださるんだなと思いつつ、

わたしの口からでたのは

「わたしは、丁寧に毎日を生きたいです。

ゆっくりとご飯を食べるとか、家の中を整えるとか、

そういったことをやってみたいのです。」

その方は、わたしの思いを尊重してくださいました。

~・~・~・~・~

そんな会話をした日から3年後の

わたしの誕生日の翌日の朝食です。

学校の先生をやっていた頃と、

メニューは変わらず、

目玉焼きとサラダ。

(実際、料理の腕はあんまり上がっていません)


ただ、素材がだいぶ変わりました!

・砂糖の入っていない米粉のマフィン

・珈琲愛に満ちた方が焙煎しているコーヒー

・有機野菜のサラダ

・平飼いのたまご

・無農薬のオレンジ

この3年間の人との出会いを通して、

何が大切なのかを知り、

選ぶものや食べるものが変わりました。

~・~・~

朝食の時間の会話も変わりました。

学校の先生をしていた頃のわたしは、

朝食をとりながらも

学校についてからの段取りを考えていて、

常に気が急いていました。

まこちゃんとも朝は、

今日は何時に帰るとか、

朝は何時に出て行かないといけないとか、

業務連絡のような会話をしていました。

この日の会話は随分違いました。

まこちゃんが、病気になったことで

今はだれとも話しをしようとしない

知り合いのことを気にしていました。

そのまこちゃんの目に、

こちらも誕生日プレゼントとして

いただいた本が目にとまりました。

「生きるって、なに?」 たかのてるこ 文と写真

「この本をわたしたいと思うがどう思う?

 一度、この本を読んでくれ」と言われ、

その方に渡したいという本を

わたしは朗読しました。

ゆっくりと声にだして読んでいるうちに、

あるページで胸がいっぱいになって

声が出なくなりました。

「もう読めない」

と言うと、

「最後まで読んでほしい」

と言われ呼吸を整えて、

最後まで読みました。

そこには、こう書いてありました。

「生きるとは

 すべてが愛で

 愛がすべてだと知ること」

  (文と写真 たかのてるこ)

~・~・~・~

先日、ある素敵なアーティストの方と

ゆっくりとお話しする機会がありました。

その方の創られた曲の中から、

「わたしはこの曲が今とても心に響く」と伝えると

「あやおさんって、その人の表面に現れている

輝いている部分だけじゃない、

ずっと苦しんできたことや辛かったことも合わせて

感じとっているから、感動が深いんだね」

と伝えられました。

そして、その曲を創った背景を

かいつまんでお話ししてくださいました。

会う回数や交わす言葉が少なくても

深いところで分かり合えている

という気持ちになる方でした。

わたしはその方の言葉を思い出しながら、

わたしの出会う「輝いている」人達の全てに

共通していることがあるなと気づきました。

それは、闇を見つめて向き合って、

その奥にあるその人ならではの

人生の真実を見つけ出した人達だということです。

~・~・~・~・~

さっき、大切なお友だちからメッセージをもらいました。

手術をすることになったというメッセージでした。

わたしは、彼女のこと、彼女の夫のこと、

彼女の子ども達のこと、

彼女が心から大切に思う人達のことを想いました。

想いながら、時々涙があふれながら、

セロリをきざみ、にんじんやマッシュルーム、タマネギを切り、

アサリ出汁(だし)の野菜スープを作りました。


日常こそが尊くて

日常こそが愛おしい

と思いました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ペンギン先生(たかはし あやお) 岐阜大学教育学部を卒業。 ポルトガル語の通訳として南米出身労働者の生活・労働相談に 約10年間携わり、その日々を通して「寄り添うことの大切さ」を学ぶ。 その後、日本語指導員として公立の小中学校を巡回指導していた時に、 外国人労働者の子ども達の殆どが進学を諦めるという現実を知り、 「国籍や家庭環境に関係なく、才能が開花する方法がきっとある」 という想いから小学校の教員に転職する。 最初は学力向上に力を注ぐが、 学級崩壊を体験したクラス担任に抜擢された時に、 不安感が高く、自己肯定感の低い子ども達や家族の心の闇に直面し、 試行錯誤しながらも課題に1つ1つ取り組み、クラスを立て直す。 これらの経験を通して、安心・安全な環境作りの 独自の手法を体系化し、翌年、学校全体に共有化すと、 全国平均76%よりも低かった子ども達の自己肯定感が、 学校全体で86%、担任していたクラスでは97%へと向上する。 また、発達障がいや外国籍児童、生活困窮家庭を背景とする 児童が多くクラスに在籍する中で、 安心感の高いクラスとして心理学(選択理論)の論文の研究対象となり、心理学(選択理論)の大学院教授からは「奇跡のクラス」と称される。 子どもたちと共に過ごした日々を通して、 思いやりと優しさは生まれもってみんなに備わっており、 「天才のたね」も一人ひとりの中に必ずあること、 天才のたねは思いやりや優しさを通して開花することを学ぶ。