「地蔵君」のありがとう~喜びの花が咲く日まで~

今回は、「地蔵君」のお話しです。

最後に、実践を通して得た知恵を、

解説編として付けてみました。

 

いがぐり頭の「地蔵君」に出逢ったのは彼が4年生の頃

3年生の頃の彼は、授業中でも教室を飛び出して、

運動場のブランコの横で石のように固まり、

なだめても、怒っても、何をしても頑として動かなかったと

前の担任の先生から引き継ぎで聞きました。

(動かないこと、巌(いわ)のごとしかぁ~

その姿はまるで鎮座(ちんざ)する石のよう……

あ!彼を「地蔵君」と呼ぼう)

と、心の中で名付けたのです。

 

さて、この「地蔵君」…

小さな身体にも関わらず、肩を怒ら(いから)せて

女子達に何か言われたら、鋭利な言葉でやり返す。

男子に何か言われたら、大変な剣幕で怒鳴りちらす。

熱血先生に注意されると「ウザいんだよ、ばばあ」と吐きすてる。

わたしが何か楽しくやろうよと関わろうとすると、

「つまんねえ」と意気消沈する一言を発する…チーン

出逢った頃は、

頭もイガぐりなら、心もトゲトゲのイガイガトゲトゲ君でした。

そんな「地蔵君」ですから、

彼の周りで小競り合いや

「先生~『地蔵君』に嫌なこと言われた。」

という、女の子からの訴えはしょっちゅうでした。

そこで「地蔵君」と話をすると、

「俺は絶対悪くない、あいつが先にやったんだ。」

「俺は絶対悪くない、あいつが叩いたから言い返したんだ。」

と、激しく主張し、

「俺は絶対にあやまらない!」

と、頑な(かたくな)に言い張りました。

「地蔵君」の態度にますます周りも

「あいつまたか」「あいつ許さない!」となっていきます。

「地蔵君」のあやまることへの頑な(かたくな)な拒絶は、

いったい何でだろうと不思議に思い、

以前彼に関わっていた先生や周りの子ども達に聞いてみました。

すると2年生の頃に、

当時の担任の先生のことを慕っていた子ども達が、

先生を喜ばそうとお誕生日会の準備をしている時に、

「地蔵君」が言ったことで、

女の子達が一斉に泣いてしまい、

楽しいお誕生日会が台無しになったこと…

3年生の頃に、

当時の担任に暴言を吐いた「地蔵君」に、

担任と母親と教頭先生と3人かかりで2時間かかって

謝らせたことが分かりました。

2年生のお誕生日会のことは、

本当のところのことはよく分からないとして、

大人3人がかりで「地蔵君」に謝らせたことに対して、

「地蔵君」は今も納得していないんだな、

だから「俺は絶対に悪くない!」

と、激しく主張するんだなと思いました。

「ごめんなさい」と謝る時は、

自分がしたことで相手が悲しい気持ちや

嫌な気持ちになったなと感じて、

心で悪かったなぁ…あやまりたいなぁ…

と思うからこその「ごめんなさい」

気持ちや本音を聴かずに、

無理矢理あやまらせても、

今の「地蔵君」の成長にはならないなと考えました。

周りの子ども達は納得しないけど「地蔵君」の成長をまず待とう…

「地蔵君」が自分からあやまりたいと

思うようになる日が来るまで待つことに決めました。

小競り合いは相変わらずで、

「地蔵君」が何かを言う、

子ども達からわたしに訴えがある、

「地蔵君」と話をする、

互いの言い分を伝え合う、が、

謝ることはしない、

というのがずっと続きました。

 

当時のわたしは、子ども達のケンカ、言い合い、

「問題」行動…、全て記録にとっていました。

「地蔵君」とのやりとりも全部メモにしており、

そのメモをながめてつらつらと、

(なんでこんなにもケンカをするんだろう…)

と、「地蔵君」のことを考えていた時のこと。

ケンカには「共通点」があることに、ふと気づいたのです。

もしかして、もしかして…と思い、

次にケンカになった時は、

「地蔵君」に直接、ぶつけてみることにしました。

 

「地蔵君」がまた、男子と小競り合いをし、ケンカに発展し、

「俺は悪くない!あいつが嫌なこと言ったんだ!」

と、いつものパターンで主張しました。

さぁ、待ってました!この時です!

「地蔵君」と真剣に話し合う時がやってきました。

「そうなんだね、嫌なこと言われたんだね。

ただね、先生1つ気づいたことがあるから

言ってもいい?」

「何だよ!!!!!(イガイガトゲトゲ発散中)」

わたしは深い呼吸を意識しながら、

穏やかな口調で話しかけました。

「嫌なことね、さっきも言われていたけど、

その時は笑っていたよね。

どうして、体育の授業の前だとケンカになるのかな。

先生には、体育の授業の前だから、

わざわざケンカしているように思えるよ。」

と、「地蔵君」の目を真っ直ぐに見て、

ぶつけてみたのです。

すると、「地蔵君」はハッとした顔をして、

「別に、体育の授業の前だからってわけじゃない。」

さっきまでの剣幕から一転、

横を向いて、うそぶきました。

「そうなのね。

ただ、この前のケンカも、

その前のケンカも、

体育の授業の前に起きていてるよね。

もしかしたらだよ…

体育の授業が嫌だから、ケンカをしているのかな。

本当は何が嫌なの?」

と、聞いてみました。

すると、「地蔵君」はうなだれて、

「体育の時におれができないと、笑うやつがいるから嫌だ。」

と、つぶやいたのです。

(あ~~~、そうだったのか!

運動全般を苦手とする「地蔵君」は、

自分の弱みを笑われて、恥ずかしく思うようになっていたんだな。

彼の本音がやっと分かった…)

「そうなんね。笑う子がいたんだね。それは嫌だったね。

ただ、体育はね、できないことに身体を使ってチャレンジするから、

学校の授業の中で、一番ケガをしやすい授業なんだよ。

ケンカが起きて、みんなの心がザワザワして落ち着かないと、

集中できずにケガをしやすくなるんだよ。

先生は、そんなことでケガをしてほしくないんだ。

ケガすることのないように、協力してほしいんだ。」

と、話しました。

すると「地蔵君」が

「ケンカはしないけど、授業はやりたくない。」

と、言ったのです。

「分かった。近くで見ていてくれるかな。

そして、できたら、何かお手伝いをしてほしい。」

と言い、様子を見守ることにしました。

 

体育の逆上がりの授業の時のことです。

昨年、崩壊して授業が成立せず、

やれていないことが穴ぼこのようにありました。

充分な練習の時間もやりたい気持ちもなかったから、

逆上がりのできる子が5,6人だけの状態からのスタートでした。

逆上がりができる子に「ミニ・ティーチャー」になってもらい、

逆上がりにチャレンジする子どもの横に立って、

足を上げてまわる際、手で足やおしりを支える仕方を伝え、

練習をしていた時のことです。

さっき座っていたところに「地蔵君」が見当たらない!

一瞬、やっぱり嫌になってどこかに行ったのかなと見回すと、

なんと!「地蔵君」が鉄棒の下にいたのです。

逆上がりにチャレンジしている友だちの背中に自分の背中をつけて、

逆上がりをしようと地面を蹴り上げて回る際に、

足をぐっと踏ん張って、

友だちの背中を小さな身体で持ち上げ、

その後で、えびのように鉄棒の下を抜けていったのです。

すると、「地蔵君」の背中で持ち上げられた友だちが、

くるりと回り、逆上がりができたのです!

「できた!初めて回れた!ありがとう!」

すると、「地蔵君」は何とも照れたような表情を浮かべたかと思うと、

「できたな!よかったな!」と共に笑い始めたのです。

「できないと、笑われるから嫌だ。」

と弱みを認めたことで、ケンカをする必要がなくなり、

体育の授業を「見る」ことで、参加していた「地蔵君」が、

サポートの仕方を思いつき、自らやってみたら、

「初めてできた!ありがとう!」

「できたな!よかったな!」

と、喜び合う現実を創り出したのです。

4月に出逢ってからの一番の笑顔でした。

わたしは、「地蔵君」よ!君はサポートの天才だったか!と思いました。

この日をきっかけに、体育の授業中、

名サポーターとして活躍するようになりました。

 

ある日のことです。

「地蔵君」が「話したいことがあるんだ」と、

2年生の頃、先生のお誕生日会を準備していて、

自分が言った言葉で女の子達が、

一斉に泣いたことを話し始めました。

「ぼくは、準備をしている時に

女子が言い合いを始めたから、

ケンカをしながら準備したって先生は嬉しくないから、

ケンカするぐらいならと思って、

『誕生会なんかやめろ』って言ったら、

女子が一斉に泣いてしまったんだ。」

「そうゆうことなんだ。

自分の言った言葉で一斉に泣いたら、それはなかなか辛いね。」

「うん、女子にだいぶ責められた。」

「そうだったんだ。

『地蔵君』なりにお誕生日会をよくしたいとか、

先生に喜んでもらいたいとか思っていたんだね。」

「うん、先生に喜んでほしかったんだ。」

「そうなんだね、先生に喜んでほしかったんだね。」

そんなことを話すと、

「地蔵君」は、「はぁ~っ」と深い息をはきました。

肩の力がスゥ~と抜け、

まるで重い鎧(よろい)を脱いだかのように楽になり、

穏やかな表情を浮かべました。

 

それからしばらくしてのことです。

学習発表会に使う小道具を作っていた「地蔵君」が、

その小道具の飾りをどうするかで一緒に作っていた子と

お互いに熱中するあまり意見がぶつかり合い、

カァーっとなった「地蔵君」が振り下ろした手で、

小道具に貼ってあった絵が破れてしまいました。

その絵を描いた女の子が一瞬息をのんだかと思うと

わぁーっと泣き始めました。

いつもの様に「あいつが」と言いかけて

わたしを見た「地蔵君」に、

わたしは首を横にふり、黙って「地蔵君」をじっと見ました。

すると「地蔵君」は言うのをやめて、

その女の子が泣き止むのをじっと待っていました。

そして、女の子が泣き止むと、

「地蔵君」は背筋をピンと伸ばし、

「一生懸命に描いた絵を破って、ごめんなさい。」

と、深々と頭を下げたのです。

みんなが見ている前でした。

周りの子ども達が「地蔵君」の真剣な様子にシーンとなり、

後から、女の子の何人かが

「あやまるの初めて見た。」

「あのあやまり方、本当にあやまっていて、見直した。」

などなど、口々に言いに来ました。

わたしは、女の子達に2年生の時のお誕生日会のこと

「地蔵君」ずっと気にしていたんだよと伝えました。

「絶対に謝るもんか!」と主張する「地蔵君」の成長を待とうと決めて、

半年が経った頃のことでした。

 

3学期になると、

「地蔵君」は、算数の先生役としてみなの前で算数の授業をし、

わたしが生徒役となって「地蔵君」の先生っぷりを

笑って見ているということも試みました。

授業を行った後、「地蔵君」は、

「先生って、なかなか大変な仕事なんだ。」

と、何だか分かったかのようなことをしみじみと言いました。

 

「地蔵君」が5年生になり、

わたしは3年生の担任となった時、

わたしは「飛び出し君」と出逢いました。

「飛び出し君」にあの手この手で関わるわたしに、

「先生、毎年大変だね。

今年はそいつで、去年は僕でさ。

だけど,そいつがそんなに物にこだわるのは、

それだけ物に、興味関心があるってことだよ。

長所だと思って、大目に見てあげてよ。」

と言って、わたしを労る(いたわる)ようになっていました。

 

「地蔵君」が6年生になり、卒業式の前日に

「最後の思い出にみんなで遊ぼう!」と、

クラスの子ども達全員が公園に集まり、

わたしが教員を退職し学校にいなかった

一年の間に起こった出来事を、

子ども達が口々に話すのを聞いていた時のことです。

「地蔵君」のお話しも出てきました。

「先生、クラスのお別れ会で、

一人ひとりがみんなの前に立って、

想いを伝えるってことをしたの。

そしたらね、何て言ったと思う?

『みんな、今まで本当にありがとう』と言ったから、

女子がそれ聞いて感動して泣いちゃったんだよ。」

と、いうお話しでした。

 

小さな身体で足をふんばって、

自ら工夫した方法で支えて、

それで逆上がりができた友だちと、

「初めてできた!ありがとう!」

「できたな!よかったな!」

と、共に喜び合っていたあの姿…

人には自分のしたことでだれかが喜ぶと、

まるで自分のことのように喜びを感じる心があります。

あの瞬間に「地蔵君」の心に宿った喜びのたね…

彼が大きくなったときに、どんな花となって咲くのでしょうか。

彼が花を咲かす日には、

わたしはもういないかもしれないけれど、

小さな花でも大きな花でもいいから、

「地蔵君」らしく喜びの花を咲かせて、

幸せに生きていてくれたらいいなと想うのでした。

 

新たな試み 解説編~・~・~・~・~・~・~

Q:なぜ「地蔵君」が自らあやまるようになるまで待とうと考えたのか。

 

A:人は「嫌な」体験を通して心に傷をもつと、

本来の自分からではなく、

心の傷から反応して反射的に行動するようになります。

「地蔵君」の場合、

・自分の言った言葉で、一斉に女の子が泣いたこと

・大人3人がかりで無理矢理あやまらされたこと

の場面で想いが十分に伝えられずに、

その時の感情が未完了のまま、

「地蔵君」の心の傷となって残っていました。

心の傷から反応して、反射的に行動する子どもを

目で見える行動だけで判断し、

「ダメだ!いけません」と否定して、力でコントロールすると、

暴言、暴力、無気力など、他のカタチで現れるようになります。

3年生の時には、すでに担任への暴言が始まっていました。

もしわたしが力でコントロールして、

無理矢理にでも謝らそうとしていたら、

「地蔵君」は暴言・暴力、無気力で対抗してきたことでしょう。

(参考 アドラー心理学  関連記事 「飛び出し君」の処方箋

目では見えない「地蔵君」の心の傷に対応するために、

「地蔵君」が自分からあやまりたいと思うようになる日が来るまで

信じて待つということをしました。

この方法は、一見何も手立てを打っていないかのように見えるため、

周りの子ども達から不満が出ることがあります。

集団の中で、個の成長に合った対応をする時には、

周りの子ども達にも説明し、協力してもらうための

細かな配慮が必要となります。

待っていると、やがて心の傷に向き合うタイミングがやってきます。

「地蔵君」との対話の場合、

弱音をはいた時にこそ、受け入れる(受容する)ことで、

「地蔵君」は本来の力を取り戻し、

創造性を発揮して、活き活きと生き始めました。

心の傷から自分を守るために、周りと闘っていた「地蔵君」が、

それまでとは違う行動を選択したことで、

「地蔵君」を取り巻く現実が変わっていったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Emmy choosejoy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です