心と対話と物語

星に願いを

初めて「奇跡のコース」の香咲先生にお会いした時に頂いたメッセージ。

「それは、ずっと子ども達の女神でいて下さいね」

という言葉

心底、メゲた時の心の灯火でした。

 

そして、今日

私が与えた小さな事を、神様が星の光にして

闇の中にいる人を照らす

という、感謝という詩の朗読

温めていきたいテーマに出逢いました。

 

奇跡のような一日に心からの感謝を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (Photo by Emmy)

ABOUT ME
ペンギン先生
ペンギン先生(たかはし あやお) 愛知県在住。元小学校教員。講師。 学級崩壊のクラスを受け持ち、子ども達を目の前にして何をしたらいいのか、どう理解したらいいのか分からずとても困っていたあの頃の私を思い出しながら書いています。 自己肯定感の低い子ども達や家族の心の闇に直面し、「子ども達一人ひとりに、必ず1つは『天才のたね』がある!」「温かな家族のようなクラスにしたい!」という想いを心の灯火に、試行錯誤しながらも課題に1つ1つ取り組み、全国平均76%よりも低かった子ども達の自己肯定感が担任していたクラスでは97%へと向上。 このブログを通じて、子供達の可能性を信じる気持ちが波紋のように大人たちに広がることを願って。