幸せにと想う~LGBTの女性教員のお話し~

LGBTの女性のFB投稿記事を読んで
ある先生のエピソードを思い出した。

 

夜遅く、その方と2人きりになった職員室で
「私、女の人が好きなんです」と、打ち明けられた。

「そうなんだね、女の人が好きなんだね」と言ったら、

「誰かにずっと話したかった」
そう言って、彼女は泣いた。ずっと泣いた。

泣き止んだ後に、
「誰にも言わないで下さい。
他の先生から、どんな風に思われるか怖いんです」と、彼女は言った。

その後、私が教師を辞めて職場を離れ、
40人位の飲み会を開催した時に、

久し振りに彼女に再会した。

彼女は女性を連れてきて、

「ずっと片思いしてるんです」と、私にささやいた。

「彼女に想いは伝えたの?」と聞くと、
「フラれるのがイヤだから〜」と言って、彼女は笑った。

5年生の担任をしていた時に、
保健の授業のプリントに、
「僕はあみちゃんが優しいから大好きで、
あみちゃんのことを考えると、
胸がドキドキしたり、
ぽっと温かくなったりする。
先生、あみちゃんに好きって言いたい。
あみちゃん、喜んでくれるかなぁ」
そう書いてきた男の子がいた。

誰かを好きになる気もち…
誰かに好きだと伝えたい気もち…
そして、自分の存在で、
大好きな人に喜んでもらいたい気もち…

そんな気持ちは、
いのちの真ん中からほとばしる気もち

女の人が好きな彼女も、
あみちゃんが好きだった男の子も、
今、どうしているだろう

幸せであってとそっと想う…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Emmy