ふわふわでぽかぽか

「飛び出し君」が転校してきたことで

わちゃわちゃが勃発する日々

その中で智恵を絞り

手立てを考え

身につけたことが

子どもの声を「聴いてみる」

子どもが「やってみる」のを「見守ってみる」

 

すると感じられるようになった

子ども心の優しさと思いやり

これは

3年生3学期の最初の頃のお話し

 

学級委員さんを決めた

 

選ばれた二人は

学級委員さんが初めてで

笑顔満点のクラスにしたい

とびきり人見知りの女の子と

 

頼りになる学級委員になりたい

ぽんやりしている男の子

 

どちらの子も学級委員になるのは初挑戦

 

新しい学級委員さんが決まって

前の学級委員さんからみんなにスピーチ

 

女の子の元の学級委員さん

 

(みんなに向かって)

 

「2人とも初めての学級委員で

ドキドキしていると思うから

私たちに協力してくれたよりも

もっと協力してあげて下さい」

 

男の子の元学級委員さん

 

(新しい学級委員さんに向かって)

 

「勇気を出して立候補して

選ばれなかった子の気持ちをくみとって

その子の分まで頑張って下さい」

 

選ばれたのは二人だけ

 

選ばれなかったある男の子は

悔しくってずっと泣いていて

友達が何人も慰めにいっていた

そしてその子が立ち上がるまで

黙って側にいる二人の友達

 

泣き止んだ男の子の

肩をさすって

「さあ行こうよ」

と、遊びにでかけた

 

後で泣いていた男の子に聴いてみた

「さっきはどうしてナミダがでちゃったの?」

「みんなのために、ぼくやりたいことがあったから」

 

子ども心は

ふわふわでぽかぽか

喧嘩もよくするけど

優しく思いやることができる

 

純粋な心に触れる喜び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by Emmy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です