ミカンゼリーの分かち合い

3年生3学期 給食の時間のエピソード

 

給食のデザートは、ミカンゼリー

お休みの子の分があまっていた

 

クラスのルールは

ご馳走さまの10分前に

食べ終わった子でジャンケンをする

 

ミカンゼリーを巡って興奮する子ども達

 

すると、1人の女の子が言いに来た

「私達みんな一個食べたから、英語の先生に一つあげたいの」

 

今日はたまたま、お弁当持参の英語の先生が

クラスの中で一緒に食べる日

 

今度は別の男の子が言いに来た

「ミカンゼリー1個あるから、食べていない英語の先生に食べてほしい」

 

すると、

先ほどまでミカンゼリーを巡って

興奮していた子ども達から沸き起こる

「そうだね、英語の先生に食べてほしい」

という声に

 

最初は遠慮していた英語の先生も、子ども達の

「食べて、食べて」

に押されて、パクリ

にっこり笑って

「美味しい」

と言った

 

それを見ていた子ども達も

にっこり笑って

「美味しいね~」

 

子ども達は、ちゃんと知っている

ジャンケンで勝って、1つ余分に1人で食べるより

分かち合うと美味しいね

みかんのときも、「分けた方が美味しい」と言って

ふさを1つずつ分けていたね

 

思いやりと優しさは生まれもってみんなもっている

 

小さな、小さな出来事からの幸せな気分の分かち合い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Emmy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です