無限の可能性の中の幸せの紡ぎ方

無限の可能性は、点と点、瞬間瞬間の紡ぎ方しだい。

私が小学校の先生をしているとき、

学級崩壊したクラスを引き継いで

担当したことがあります。

そこで知り合った子どもたちは、

「やりたくない」

「めんどくさい」

「できないし」

が口癖でした。

でも、その奥に、

本当は、

「やりたい」

「チャレンジしたい」

「諦めない」

という純粋な思いが眠っていることを、

私は感じていました

純粋な子ども心が、

身近な大人によって否定されて傷つくと、

9才や10才、もっと小さな子どもでも、

無気力を学んでしまうということを彼らとの出会いを通して知りました。

それと同時に、大人から否定されて無気力を学んだとしても

温かな関係性を通して人は再生することも

その時に出逢った子どもたちの姿を通して学びました。

今でも、人生の中で最大の喜びの1つは、

子どもたちが再生のプロセスの中で徐々に見せた生命の輝きに触れたことです。

たとえば、11年間の教師人生の中で出会った、

最大級の「飛び出し君」(授業中にすぐ教室を飛び出してしまう児童のこと)が語った、

子ども心がもつ豊かな感性のきらめき。

(参照 「飛び出し君」の春風

学級崩壊を経験して無気力だった子どもたちが、

「その子らしさ」を思い切り外に表現したときのまぶしいばかりの光。

子ども達が放つ輝きは、その瞬間・瞬間の点と点。

長い間、光輝くというものではないので、

一筋の流れ星を見つけた時のように、

子どもが放つ輝きを捉えたときには、

心が喜びに震えました。

「めんどくさいし」「やりたくないし」「できないし」

が口癖だった子ども達の一瞬の煌めき、点と点

その点と点とを、

子どもと私の関係性の中でどう紡いでいくのか

それは何通りもの紡ぎ方があるから、

人には無限の可能性があると言えるのかもしれないと思いました。

 

どの瞬間の点に意識を向けるかによっても、

紡ぎ方は変わります。

私は、天才のたねを見つけて、

周りの人達に喜んでもらえるカタチを子ども達に提案するのかが、

とても好きでした。

そして、苦手なことや出来ないことは、

人に居場所を与えるし、優しさや思いやりを育てる場になることも、

子どもの姿を通して学びました。

そんな日々の中で見つけた、

無限の可能性の中の幸せな点と点との紡ぎ方については下記の記事へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  (Photo by Emmy)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です