愛おしさの扉

何気ない日常

足もとに咲くタンポポ

旅先で見たりんごの木

一面に広がる菜の花畑

 

その中で静かに生きる

みつばちさん達の命

受粉を通して

人や生き物に食べ物を届けてくれる

木々や植物の命を次に繋いでくれる

大いなる自然の命の循環の要の役目

 

刺すから怖いと避けていた

みつばちさんの

日々の営みに触れてからは

みつばちさんを見かけると

あぁ、みつばちさんが生きている

今日も生きている

みつばちさんが

どうか未来にも繋がりますようにと

のぞきこんで祈り

みつばちさん、今日もありがとうと

伝えるようになった

 

呼吸一つ

息をはき

息をすう

その命の鼓動一つですら

自然からの恵みにくるまれている

 

みつばちさんに出逢って

愛おしさの扉がまた一つ開いた時

 

 

Photo by Emmy