天才のたねの幸せレシピ②~「出来ない子」じゃないよ~

今回は、日本語の分からない外国籍の子どもが 転校してきた頃のお話しです。   3年生のクラスを担任していた5月 ブラジル国籍の子どもが転校してきました。 日本語が全く分かりませんでした。 国語の時間に日本語教室に通いながら、 算数や社会、理科、 体育や音楽、学活などは わたしが担任していた 30人位の子ども達と共に学ぶことになりました。 日本語が分からなくて 日本語ばかりのクラスにいるこ […]

天才のたねの幸せレシピ①~「仕方のない子」じゃないよ~

小学校の先生として11年間 多くの子ども達に出逢い、 共に過ごした日々を通して 子ども達のいのちの輝きに触れたことから でこぼこでも真っ直ぐじゃなくても 前に前にと進む力が子どもにはあるよ そして、子ども達一人ひとりに よさや才能、その子らしい「天才のたね」が必ずあるよ ということを、 こころの奥底から信じられるようになりました。 今回は、 心の奥底から信じられるようになったわたしの きっかけとな […]

岩室智子先生 KAGAYAKI理論~人が光の存在に還る道~(先着39名)

心の奥の奥にある本音 あなたの大切な小さな声に耳を澄ませる時間 KAGAYAKI理論を知って、体験して 大切な気持ち 大切にしたいこと 大切にしたい人 大切な自分に出逢いませんか…   先日、岩室智子先生による KAGAYAKI理論半日・1日講座を開催しました。 KAGAYAKI(かがやき)理論と セッション・デモンストレーション体験を通して、 物のとらえ方が変わった 生きるのが楽になっ […]

未来のポートレート~わたしの中の「秘めたわたし」~

1枚の写真があります。                 今年の4月に旅先で友人がふと撮った写真 この写真を眺めると、 わたしの中にある「秘めたわたし」が 映し出されています。   わたしの中にある「秘めたわたし」 わたしの中にある「わたし」… それはね…それはね…   ぽかぽか日よりに縁側に座って […]

父との対話~ライフレッスン~

今、わたしが覚えている わたしの父との記憶… それは、わたしがこの世に生まれた瞬間に 父の心の中のつぶやきを聴いたことです…   小さな頃に両親を亡くし、 戦後の貧しい時代を 孤独に生きてきた父が わたしが生まれた瞬間に 「ああ、ずっと独りだった俺に、 これでやっと本当の家族ができた」 と、心の奥底でつぶやいたのを 生まれたばかりの私は聴き、 父が心底、安堵したのを感じました。 &nbs […]

わたしの心を支えた言葉

今回は、わたしの心の支えになった 「言葉」のお話しです。   わたしは大学を卒業した後、 92年の入国管理法の改正により 中南米から日本に働きにくるようになった 外国人労働者の方々の生活・職業・労働相談に ポルトガル語通訳として長年携わっていました。   その後、小学校の先生になろうと決意したのは、 日本語の語学指導員として1年3ヶ月、 公立の小中学校8校を巡回指導した時、 2 […]

「小さな声」に耳を澄ませて~人生からの大切なギフト~

今回は、 「小さな声」を届けてくれた子ども達と 「小さな声」に耳を澄ませたわたしとの日々が 人生からのギフトになったお話しです。   学級崩壊のクラスを引き継いで、 2ヶ月ぐらい経た頃のことです。 子ども達の話を耳を澄ませて聴くようになると、 堰を切ったように泣き出す子ども達が出てきました。 ふんばって生きている子ども達が、 ナミダを流しながらいろんな思いを 打ち明けてくれました。 私は […]

わたしの周りは全て敵~内側に潜むパワー~

最近の出来事… 3~4ヶ月に1度ぐらいのペースで逢う女子と 京都で再会した。 「最近どうなの?」 と聞くと、 「ずっと自分の心と向き合っていて、 とことんまで落ち込んで気づいたことがある。 ただ、これを言うと、普通誤解を受けるし、 あんまり周りには言えないんだけど…」 と前置きをした後で、意を決したように彼女は言った。 「わたし、周りの人達がどんなに優しくて、 いい人達だって分かっていても、 ずっ […]

KAGAYAKI理論~人が光の存在に還る道~

岩室智子先生@ぺんぎんサロン 「人が光の存在に還る道~KAGAYAKI理論~」を開催します。 「人が光の存在に還る道~KAGAYAKI理論~」は、 長年保育士として多くの赤ちゃんに出逢ってきた岩室智子先生が、 「もともと人は光輝き生きていた存在だったのに、 大人になるとともにその輝きが薄れてしまう。 どうしたら、もともとの光輝き生きる存在に還ることができるのか」を探求し、 ご自身の体験・実践を通し […]

うっとりとする瞬間~失恋したお友だちとママと香港のお母さん~

今回は、失恋したお友だちとママと「香港のお母さん」のお話しです。 今から約5年程前のこと… わたしがまだ小学校で先生をしていた頃のことです。 「あやお先生、お話ししたいことがあるから今から会えますか。」 と、同期で仲良くなった女性の先生から電話がありました。 何だかその切羽詰まった声色(こわいろ)にピンときて 「職場に行くね」と向かえに行くと、 車に乗り込んだ途端に彼女は、 「別れたい」というメー […]

「地蔵君」のありがとう~喜びの花が咲く日まで~

今回は、「地蔵君」のお話しです。 最後に、実践を通して得た知恵を、 解説編として付けてみました。   いがぐり頭の「地蔵君」に出逢ったのは彼が4年生の頃 3年生の頃の彼は、授業中でも教室を飛び出して、 運動場のブランコの横で石のように固まり、 なだめても、怒っても、何をしても頑として動かなかったと 前の担任の先生から引き継ぎで聞きました。 (動かないこと、巌(いわ)のごとしかぁ~ その姿 […]

まんぼう作戦~カリスマからの逆転の発想~

今回は、あるカリスマとの出逢いが、 学級崩壊したクラスを立て直した際の 「まんぼう作戦」の発想のたねになったお話しです。   先生になって3年目ぐらいの頃 女性経営者にやたら人気の 物腰柔らかな社長さんからのお誘いで、 ハロウィン仮装パーティーに行った時のこと。 レディーガガや不思議な国のアリス風など、 華麗に着飾った人達の集まりの中で、 わたしの目を釘付けにした男が一人!   […]

ジャパンハート~カンボジアこども医療センターでのお話し~

「医療の届かないところに医療を届ける」 国際ボランティア団体ジャパンハートを創立した吉岡秀人医師は、 ミャンマーで子ども達が治療を受けられずに、 死んでいく現状に我慢が出来なくなって、 無償で治療を一人から始められた小児外科医の先生。   以前、地雷除去・平和教育・子ども兵の社会復帰を行っている 認定NPO法人テラ・ルネッサンスの鬼丸さんのお話し会で お隣の席に座った江口社長が、 カンボ […]

父が遺した希望

父が逝って18年目 ふと、母に聞いた。 「父の夢って何だったか分かる? 父が叶えたかったことって何だったか知っている?」 その時、母は 「そんなこと急に聞かれても…」とわたしに言った。   それから3日後の朝 「ふと想い出したことがあった」と言って 母が話しに来た。 「お父さんの夢というか お父さんの希望というのかな。 だいぶ年をとってからだけど お父さんが『やっと幸せな家庭を築けた』っ […]

のびのびの~びた♪~「きちんと」からの解放~

のび太君ってね ドラえもんやひみつの道具に いつもいつも頼っているみたいで 実は、試行錯誤しながら 自分で課題に取り組んでいく子なんだよ。 その試行錯誤の過程(プロセス)の中で、 潜在意識の中で もともと持っていた 優しさや「いいところ」を 呼び覚ましていくんだよね。 そしてね、「いいところ」っていうのは、 一人ひとりが必ず1つはもっている 「天才のたね」のことなんだ。   算数の文章問 […]

アルケミスト~魂のふるふる実験~

2016年3月に11年間勤めた教員を退職 過去からの延長で何も決めたくないと思ったわたしは、 「何をするかを決めない」ことを決めていて、 その時、唯一決めていたのは 2016年の7月「ハワイでイルカちゃんと一緒に泳ぐ」 ということだけ。 その決断を支えたのは、 一冊の本「アルケミスト」                 […]

読書感想文の書き方~感じたこと・想ったことをカタチにする~

夏休みの宿題の定番といえば!「読書感想文」 いつもよくしていただいている方から、 「読書感想文に困っているお母さんが多い」 というお話しを受けて、 読書感想文のミニ授業を30日、31日とCASAで開催しました。 すると、CASAでのミニ授業を聞きつけた お友だちからも「やってほしい」という連絡がきて、 お友だちのお家でも翌週2回、ミニ授業を開催しました。     ミニ授業に集ま […]

「みつばちと地球とわたし」名古屋初上映会~最初はハチドリのひとしずく~

岩崎靖子監督ドキュメンタリー映画 NPO法人ハートオブミラクル配給 「みつばちと地球とわたし」 試写会・名古屋初上映会合わせると! 555人の方へ ボランティアスタッフさん・小さな試写会なども合わせると! 約600人の方へお届けできました。 「一人でも多くの方々のもとへこの映画を届ける」が 先ず1つ叶い嬉しいです。 心からの感謝を! ありがとうございます。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ […]

「循環型」お話し聴きます~先ずは10人~

ポルトガル語の通訳をしていた頃は外国人労働者の生活・職業相談を、小学校の先生をしていたころは保護者や子ども達、先生達からの子育てや人間関係の相談を受けてきました。保護者の方の中には、週に2~3回、半年間ぐらいずっとお話しを聴いた方もいます。(例 火を噴く「怪獣母さん」と魔法) そしてこの4月・5月、飲み会やカフェで隣の席になる、旅行先で知り合う、以前1度会ったことがある‥ふと出会った方々やふと連絡 […]

きらめくいのち~まあるくなあれ、環になあれ~

「飛び出し君」が転校してくる! 1週間の中で2時間、 教室に居るか居られないかが分からないという 「飛び出し君」が転校してくる! 「飛び出し君」が転校してくる前に、 「飛び出し君」について何も知らない私のところに、 彼についてのあれやこれやが教務先生、 当時の担任の先生、保護者、子ども達から順に入ってきました。 一番最初は、夏休みの終わり頃‥ 教務先生が何ともいえない表情で、 「あやお先生、今度の […]